上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あの夏の日の楽園」「その腕の中の天国」「この胸にある焔」とサブタイトルがこそあどことば続きだったので、てっきり今回は「どの」と来ると期待してたんだけどなー(棒読み)。
禁断~薔薇の彼方 (フラワーコミックス)
刑部 真芯
4091313086

何だかんだ言うても一応新刊でちゃんと買ってはいる。

改善の余地なんてものはとうの昔に失っていたのだが。

成長つーもんがない。キャラクタアにも作者にも。

このシリィズは基本「ループ」だと作者。でも、あまりにも「変化」が無さ過ぎる。虐待と一方的かつ身勝手な愛情を取り違えた馬鹿男と、その男の玩具だと「自覚」したまま何時でも股開く便利な器(略して便器……下品ですまん)のよなヒロイン。

いくらループでも、ヒロインとの関係性が進化・変化しないのは異常。面白味が無い。正直つまらなかった。何ら見るべきところがない。よくこんなのでネエム通るなあ、と吃驚する。担当も無能と見た。いくら同じパタアンが描きたいのだとしても、コレを許容したらいかんやろ。

同じパタアンが描きたいのだとしても、古くからの読者も新規読者も楽しめる何らかの変化・進展を見せる工夫、というものが必要なのではないのか。
その辺どう思ってるんだろう。このままだとまさに自己満足でしかないと思うのだが。

既に「Cheese!」本誌では見ない作家となってしまった。行き着いた先は携帯サイト。あーあ。雑誌に掲載されるだけが全てではないけれど、干された感は否めない。

3本掲載されているのだが、その全てが携帯サイトにて公開された読み切り。相変わらず描いた本人にとってのみえろえろしい。
素材は悪くないのに艶っぽさが無いから、読んでる側にしてみればまったく色っぽくもなければ背徳感もない。第一、既に何度も身体を重ねているカップルで、どちらもいつも着衣のままでセックス、って何だかなあ。中二病的指向/嗜好っぽい。シチュエイションにばかりこだわった濡れ場って、……なんだかなあ。まあこのペド野郎が出てくるまんがでリアル路線はコワイと言えばコワイか。でも、美しさも色気も無い、喘ぐだけのベッド・シーンに何を感じろと。男がひたすら楽しんでるだけで、女は常にヨコロばせてあげるためのだっちわいふ状態。キモチワルー。M属性あってもつまらないと思う。コレは。

そして相変わらず出し惜しみの一切無い「運命」というコトバ。軽いなー。つまらないなー。

いつまで経っても反省もなければ改善されることもない野郎の態度や思考にもウンザリ。いくらなんでもオカシイだろ、無限ループが基本でも!

次回の作品は、以前描いた作品の続編、らしい。どうせまた身勝手野郎の強引さがどうの、というヤツなんだが。

そんなんだから雑誌掲載すらしてもらえんのじゃないのか(哀)。

えろ無くたって面白いものは面白い。えろあったって惹き付けられないものは惹き付けられない。内面描写やそれと分かるナニカが無さ過ぎて、自分なりのお約束のみで成立していることに不満を感じない作者に疑問を感じる。

お約束はラクだからね。新しいことへの挑戦も無いし、それ故に新たな失敗は無いけれど、それを意味のあるものにして次へのステップも生まれない。

……ああそうか。だからどんどんつまらなくなってくんだ、このひとの作品。何らの「挑戦」も「新しいこと」も無いんだもんな。
ペド野郎とすとっくほるむ女の馴れ合い、という、それまでの禁忌を破って作品を掲載したことで満足しちゃったのか? だとしたら、もう何年も前に「挑戦」があって、それを成し遂げて終わっちゃって久しいことになる。

使い捨て作家に、なりたかったのならいいんだけど。あーあ。
スポンサーサイト
rmピンキー3 カイネ

rmピンキー3 カイネ
rmピンキー2 まゆら rmピンキー1 なずな
rmpinky、3種の内、今まで2種しか持っていなかったのだけれど、今回ようやく3体目を購入してめでたくコンプリィト。

……ただ単に、送料を安くあげるために、在庫を有する他店からは買えなかった、というだけのことなのだが(しょんぼり)。

発売までがとにかく時間かかったのと(それはどのぴんきーにも言えることでもあるけれど)、通常のぴんきーたちとの組み替えを考えると特殊過ぎてちょっとどうかな、と思ったせいで、手に入るようになってからもしばらく買わずにいた。あまぞんで割引し始めてようやく購入したのだ。

まあ、特殊なドレスもあってもいいかな、と思って。

ぴんきーの良さは日常性だと思うので、あまり突飛でない方が好み(とは言っても、キャラもののぴんきーもちゃんと買っちゃってるけども↓)。実際、これまで買ってきたぴんきーたちはやはりブロック感覚であれこれ組み替えるのが楽しいんだけど、このラインはなあ。オモムキがかなり異なるので。
でも、あってもいいかな、とも思い。買うに至った、と。あればあったなりに楽しめるのも事実さー(結局何でもいいんじゃろ、お前は)。

3種あるのにひとつだけ無いのも気になっていたけれど、久々にあまぞんで新品を扱っていたのを見つけたので、ほいほいオーダーしてしまったのでありました(今までも取り扱いはあったけれど、マケプレだったので。送料かかっていいなら、ヨソから買うのです)。

もっと安かったらもっと買って、自分好みの色にして通常アイテムたちと組み合わせていたかもね、と思いはするもののやはり財布が許さないので1体ずつしか買ってないっす。

この「rmp」のライン、ふだんのラインには無いニーソだとかショート丈ハイ・ウエストなワンピなんかがあって、それがツボと言えばツボだった。
「カイネ」はややクセのあるフェイス。最初は「……あんまり好みじゃないかも」などと思っていたものの、見慣れてきたらこれはこれでカワイイ♪
元々のラインでは出来ない(出来ないことも無いだろーけど。互換性というか、組み合わせ例がいつもよりはかなり限られるっちゃあ限られる)ファッション性と、ふだんのテイストとは異なる雰囲気。
よーやく他の2種(なづな、まゆら)と組み替えを楽しめそうで嬉しいぢょ。
銀魂 2008コミックカレンダー ポスター型 13枚
空知 英秋
4089080673

あまぞんから届いたのはいいが不覚。職場宛に配送頼んだら、何とむき身で届いた。つまり、出版社サイドで製品につけた梱包のみの状態で届いた、ということだ。

「紫堂さん、荷物届いてるよー」

職場出向いて別部署の方からそう言われた時「へ、何? 届く予定なんてあったっけか?」としか思わなかったのだが。受け取ってからやや血の気が引いた。

「いいもの届いてるよー♪ 渡すのやめちゃおっかなー♪」

おっちゃん。ええトシこいて何を楽しそうに(笑)、などと思っていたら。

箱にデカデカと「銀魂2008カレンダー」とか書かれてやがった(驚愕)。

いやああああああああああああああああああああ!! ……今更だけどもさ。この職場では特にヲタクです的スタンスは取ってなかったし、誰ともそんな話題で盛り上がれるでもないから口にしたこともなかったんだが。

このトシ(どんなトシかは分かるだろ。←逆ギレ)でまんがのカレンダア買ってるよオイ、と内心誰もが突っ込んだんだろうなあと思うとセツナス。

もっとも、「銀魂」が其処まで認知されているのかは謎だが。私の職場で知ってそうなひとはあまり居ないから、ま、いっか(何しろ平均年齢が高い高い。私ですら下手したら最年少クラスに入れられかねない)。

でも何このやりきれなさ(笑)。

気を取り直す。
ポスタア仕様とは明示されてあったのだが、……ホントに、ポスタア状態で13枚(一応表紙? もあって、ひと付1枚で13枚)入ってた。てっきり、使用後はじいたり切り取ったりすればポスタア状に、だと思ってたのに。

最初から一枚紙が13枚も↓

部屋に飾る気満々だったのに(え)、壁に画鋲刺していいのか分からないのと、画鋲なんて刺したくないのとで、……はい、あっという間に終了~♪

いやいやいやいや。何ソレ。寝起きするだけの部屋にササヤカな潤いを、と思っていたのに貼れないって(主に私的理由で)。「銀魂」でウルオイかよ、と言われても私の好みだからしょーがないだろ(何だその言い訳めいた逆ギレは)。

今まで描かれたカラアが、色々なポスタア風にアレンヂされている、というシロモノ。無難なものから「銀魂」らしいテイストのものまでさまざま。……イラスト集、欲しいんだけど、出して……くれねえかな、集英社……。私、空知んたまの絵、好きなんだけど。カラアも。ダメかなー。今までカラアで見逃したのもちゃんと見たいんだけどなあ。ポスタアだけじゃサビシイよ集英社。

つーか、ホントに、折角飾ろうと思ってたのに、どうしようこのカレンダア。ヲタクだから汚れや折れ・傷には耐えられないのに、2~3点買う、とヲタクの基本を貫ける程経済的余裕は無い自分が厭だ(2~3点同一のものを買う方が多分一般人にはドン引きされると思う・笑)。

折ったりしたらイヤなので、一度見て箱に戻す私……何という立派なヲタク魂。それなのに最低もうひとつは買えない経済力。ローゼン麻生、ヲタクの全てに経済力と無駄な本気があると思うなあああぁぁぁぁぁ!!(やはり何処までも逆ギレ)

再来年はどんなカレンダアかなー(えええええええええええ!)。
EXEMODE 7インチポータブルDVDプレイヤー PD-700B
B000VA9JQ0

今時リモコンもなければいきなり砂の嵐を見せつけやがるナイスなTVしかない部屋で暮らすハメになった私に、この価格のこんなブツは出来過ぎてるというか馬に人参というか(もう文章がいきなり意味不明)。1万円以下で買えるなんてー! ……と勢いづいてしまったのもあって、買ってしまった。TVに接続して観ることだって出来るけど、今時端子も無いTVで(以下情けない気分になるので略)。

いやいやいや、思っていた以上にお買い得ですた。

予想していた以上に画質がキレイ。画面が7インチということでナンボあまぞんの評価で「いい!」と言われていてもそれ程素直に鵜呑みにはしていなかったのだが、いやいやいや、イイです。キレイ。小さいけど、なかなか鮮明。字幕文字も観やすい。画面の小ささを思えば、上等ではなかろうか、あの美しさは。

音声も、列車の中とかだと多少キビシイものの、部屋で映画等を鑑賞するのにはほとんど問題ナシ。それほど期待していなかった音質もクリアだった(ひとりきりの部屋でおもむろにDVD読み込ませて開始させた時、意外なまでに音が響き渡って焦った。隣室のヒトが吃驚してないといいけど↓)。

今まで観ることが出来ていなかった「シンプソンズ」のDVDもこれでゆっくり鑑賞出来そうだVv 更にはかつてまだジュエル・ケエスで販売されていた頃の「EVA」をおさらいがてら観なくては(トール・ケエスのver.はもうどのタイミングで買ったもんかわからん!!・涙)。

CDも聴けるから、家からお気に入り何枚か持ち出して聴くことも出来るし(涙。ポータブルのCDプレイヤアも持ってはいるけれど、スピーカーが必要なのがねえ……。イヤホンでもいいけど、部屋に居る時まで耳元鬱陶しいのはイヤだ)。せめてMDプレイヤアが欲しかったけれど当分これで凌げ、私。

アダプタやシガー・ソケット、リチウム・イオンのバッテリィ等も付属。5時間充電で2.5時間再生可能ですと。家に居る間はアダプタ使えばいいんだし、車の中なからシガー・ソケット使えばいいしで、価格から言っても付属品も充実しているのではないかと。

ある意味無駄な買い物かなあ、とちょっと思わないでもないけれど、品質と価格のバランスでかなり嬉しくなったので、がしがし使ってみようと思っているのでありました。オススメっす。
ブライス 2008年スケジュールカレンダー ストロベリージャム

ブライス 2008年スケジュールカレンダー ストロベリージャム
ブライス 2008年壁掛けカレンダー ブライス 2008年卓上カレンダー ブライス 2008年スケジュールカレンダー ティーパーティー ブライス 2008年スケジュールカレンダー ギターガール Dolly*Dolly Vol.14 (お人形MOOK)

さあ、11月が来るぞ、「ほぼ日手帳」お試し版を使うことでとりあえず2008年版を使い始められるぞ、とテンション上がりまくりだったのであるが。
……そんな月末に、「ほぼ日」さんからメエルが来て「実は、手帳と微妙に違う紙を使っていたので、新たに作り直したのを送ります」と言われてしまったのであった。で、それがちゃんと10月末までには手元に到着(……今年初めて手に入れたから気のせいかと思ってたら、違う紙だったのか。何となく、コシというか、ハリみたいなのが違うように感じはしたものの、「一冊にまとまってるペエジ数が違うからか?」とかわけのわからん理由で黙殺することにしていた)。それにしても何て誠実なんだろう。モノをつくる・売るということに対しての姿勢が好きだ。あ、私から押しつけられたりもらってくれた友人には、そんな訳で送り直しor改めて押し付けさせて頂きます。お待ち下され。

気を取り直して、早速使い始めております。何かもう楽しいてしゃあない自分がせつな過ぎる(笑)。新しいノオト下ろす時や買ったばかりのおにうの服に袖通すのと同じわくわく感が。

これまでつけてきた日記とそれ程書き込むことは変わらないんだけど、だらだら文章、だったのが、ピックアップして書いたり、箇条書きになったり、メモもあったり、と「手帳」本来(?)の使い方も出来るようになってウレシスなあ(馬鹿文章)。個人的に嬉しいだけなんだけども。いや、それこそが「ほぼ日手帳」(に限らず全ての手帳がそうか↓)の醍醐味。

仕事の備忘録から、食べたものの献立メモ、その日の雑感、買い物リストえとせとら。マンスリィ・ペエジには仕事の予定に友人のお休み予定(これを見つつ、うまいこと休み獲得に走るのだ)を記入し、今後の計画立案に役立てる。

……これまでの日記帳、あとおよそ2ヶ月分残ってる訳ですが、これと並行して書き込むことに(途中で投げ出したいくらいなのだが、白いペエジを残して放棄するのは何だか悔しいので全部ちゃんと書き込むと決めている)。めんどくせー(笑)。
日記(「MOLESKINE」)、やはり「手帳」ではないので、「1年」を振り返るためにじっくり読む、にはまずまずだけれど、俯瞰するのも面倒だし、「○○があったのは何時か?」なんてことを調べるにも一日一日を読まなくてはならず大変。でも「手帳」ならその面倒くささが軽減される筈だ!(と信じることにしよう)
予定書き込むのには重宝してる、ホントに。……今まで使ってきた手帳だって同じ機能あったのに、それ程燃えなかったし活用しなかったよなあ(就いていた職種にも因るんだろうけど。日々特にこれといって変化のある仕事してないと、メモすることなんてなんもない……)。今は予定が毎日直前になるまで分からなかったり(いかん、額にデコまーく浮かんできた!)だからのう。

用が無くとも手帳を携行しては開いている。誰かの素行調査でもしてるのかお前は。

マンゴー色のカヴァ、すぐに飽きるかしら、などと実はうっすら思ったりもしたけれど、今のところは「愛いヤツよのうVv」とデレデレの蜜月状態。最初かっとばすと後がコワイ気もするのだが。いや、でも、きっちり最低1年とちょっと、あの既にむっちむちに膨れ上がった手帳と付き合うのだ♪
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。