上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末調整のしかた (平成19年版)
伊東 幸喜
4754714369

年末。そんな時期。毎日多忙。日々是労働。疲れるですよ。体力無くなってきたなー精神的にもモロくなってきたなー、そんないらんことを実感させられる時期。

2007年がどんな年だったかなあ、と振り返ってみると、……お約束のように暗澹たる気分になるのは何故なんだぜ?

どん底の気分で始まった1月、そのまま激走して夏突入、仕事の関係で家を半ば出ることになって12月に至る。

……語るべきことを持たぬ1年であった、ということか、この短さは。

秋から年末にかけて、結構な本数の映画を観ることが出来たのは嬉しかったかな。現実逃避でもあったとは思うけれども。泣けるもの、燃えるもの、笑えるもの、あれこれ色々と。付き合ってくれた友人に多謝。

困ったのは仕事のために家出たのでネットが出来なくなったこと。依存度が高いからこれには参った。ぶろぐも更新出来ないままネタだけが溜まっていくし。自分の「娯楽」のひとつだけに、出来ないのはフラストレイションが溜まりまくって困る。

環境の変化には慣れたけれど、自分が居たい場所に居られないのはやや苦痛。
それと、寮という場で生活するのは思いの外厄介。トイレに行くために、はたまた皿を洗うために、部屋を出れば誰かと遭遇。アパートならば小汚い格好していようと誰も構わないけれど、いつも職場で顔を合わせるひとたちの前でだらしなさ過ぎる格好も出来ず。冷蔵庫は共用だからあれこれ買い込めないし、直火でどうこう出来る設備・電子レンヂですら無いので加熱調理の必要なものは買えない。食生活が貧相になった。もっとも、あれこれ買える店すら周辺に無いんだが(それってどうなんだよ……)。

そして、久々に実家の外で年越しナリ。隔絶されまくりだから、年末だの正月だの、全く! 実感が湧かぬ。それでなくともあまりそういうことを実感しなくなってきてるとゆーのに! ああ、「M-1」くらいは観たかった(仕事のため無理)。気分ちうことで「紅白」もちらりくらいは観てみたかった(やはり仕事で無理)。

職場から年越し蕎麦と生ビールジョッキ1杯振る舞われて、除夜の鐘の音も聞けぬまま、ぼんやりと風呂に浸かりながら年を越すのでありました。

皆様、良いお年を。
スポンサーサイト
めでたい日の絵手紙―年賀から祝い事まで
花城 祐子
4837302890

今まで手書きか自作で通して来たのだが。とうとう既製の印刷済み年賀はがきに手を出してしまった。

高いんだね(怒)。

でも今年は家にすら居られないので、印刷以前にデザインをどうこうすることすら出来ないのでPCでの作成は無理。手書きなんてもっと無理。
でも、今までそれでもそれなりにどーにかこーにかやってきたのだ。スタンプぺったしで逃げてみたり、特定の友人にのみ手描きイラスト入りにしてみたり、何だかんだゆーてもそれなりにこなしてきた。

しかし。しかし、とうとう、スーパーだので販売されている、事前にイラスト等プリントされて○枚組なんかで売られている奴を買ってきたのであった。

ああ、何か自分の中の何かが終わっちゃった気がする(涙)。

もっとも、ここ数年で、少しずつ、年賀状を出す人数を減らすようにしてはいた。年賀状、どっちの言い分もアリだし、それぞれに正しいというか、理解出来る点てのがあって、いつもいつもそのハザマで足掻いていたのだが。
ひとつは、「ふだん手紙のやり取りや交信は途絶えがち。だからこそ、年賀状くらいはちゃんと出して繋がりを保ちたい」。
もうひとつは「ふだん何のやり取りも無いのに、年賀状のみやり取りが継続してるのって、惰性っぽい」。
前者も分かるけれど、後者に傾いてきている。……ふだん音沙汰無いのに年賀状でのみ上辺だけのやり取りをするのがソラゾラシイように思えるのだ(そこで「ふだんやり取りが頻繁ではないからこそ」という意見がちらついてくるのだな)。
ふだんからお付き合いのあるひとたちに「昨年もありがとう、今年もよろしくね♪」と言うのと、大昔世話になって以来、その恩義を忘れちゃいませんぜと伝えたいが故の御挨拶というのは平気というかさせて頂きたいのだが、……全く音信不通の1年を互いに過ごしておきながら突然年の始めに、というのが何とも、……。ひとにとっては「いいチャンス」なんだと解ってはいるのだが。何でもない時でも何でもないことを共有出来るのが「親しい」ちうことではないのかしらと。

という訳で、今年用意した枚数何と10枚。何だかんだ言ってもこの枚数越えることが多いのだけれど、とりあえずは間に合いそう。ちうか間に合わせちゃうのよ。

どうあっても元日には届かないんだけど。気長に待っていて下さい。>「親しい」皆様、お世話になった方々。
マロン・ブイー(Maron Bouillie)トートバッグ cremerie(乳製品屋)
B000YGNU0W

おかしいな。雨や雪の多い地域に住む者として、耐水・撥水性のある生地で出来たバッグを買う予定だったのに。何でまだ布まんま~なバッグなんて買ってんだ? ちなみに、勿論貧乏な私はこんなに高額なバッグを買った訳ではなく、クリアランスなベロア調のぴんくなトートであった。

底がかなり広めのバケツトートな感じなのに、ちゃんとジッパー付で中が見えないように出来るってのが嬉しい。あと、ぴんくはバッグの色としては滅多に買わないのでたまにはいいかな、などと思ってしまい。……安かったものなあ。

堤幸彦氏は、よくデカいバッグを持っている女性を見かけるが、一体中には何が入ってるのか、何だってそんなにデカいバッグを持っているのか、が不思議で、作品のヒロインらにバッグを持たせたりしているそうだ(いちばん解りやすい例が「トリック」の山田奈緒子)。
かくいう私もデカめのバッグを持つことが多い。毎度毎度デカい。外出の内容にも因るけれど。

何でそんなデカいんだか。ナカミはこんなだ。
Ⅰ:財布
Ⅱ:あれこれまとめた小さいトート

「Ⅰ」はまあフツウ。最近財布をチェンジし、その変更前でも十分デカめだったのだが、長財布にしたためにまたまた小振りなバッグでは余ってしまうのであった。

「Ⅱ」が多分問題。バッグの中にバッグかい。……って、コレが無ければもっと小さい、控えめな容量のバッグでも間に合う筈なのだ。大きさは、コンパクト洗剤の箱よりやや大きめくらいのもの。でも、こうして一括して入れられるモノが無いと、……ええ、バッグの中は一気にカオスと化す訳ですよ。

1:手帳
現在は「ほぼ日手帳」。ぱんぱんに膨れ上がっていて、結構重い。でも持ち歩く。

2:カアド・ホルダア
よくあるポイント・カアドやあまり頻繁には使用しないクレカ、診察券等をまとめて入れてある小さなホルダア。……20もポケットがあっても既に全部埋まっている、というのはどうにかならんものか。>自分

3:サブ・バッグ
所謂エコ・バッグ。小さく畳めるものをひとつ持っている。……最近は、畳めて、広げると赤子の蒲団くらいはすっぽり入ってしまう程の大容量のものもひとつ携帯している。あると便利ですな。

4:ティッシュ・ハンカチ
これも当然と言えば当然。でもティッシュの数は多め。常時ポケット・ティッシュ3~4個は持っている。ハンカチは最近はタオルものを持つ。これも場合によっては2枚くらい常備。

5:リップ・クリィム
荒れやすいので。気づけば紛失している自分が情けない。

6:巻き尺
買い物時にあると便利。傍目には不審人物化するけど。

7:耳栓
電車等で移動の際、周囲の騒音から逃れたい時等に活躍。

8:日焼け止め
もう一年中必要。忘れると大変。夏場はアーム・カヴァ持つこともある。

9:扇子
冬場も持ってると意外に便利だった。暖房利かせ過ぎの場所で扇いだり。夏場は当然活躍。団扇じゃ畳めないからのう……。

10:ケエス入り付箋
手帳持ち歩くついでに。塩ビっぽい薄くて固めのケエスに入ってるので、おそらくバッグの中でばらけてしまうこともないかなと。

11:コンパクト・ブラシ
よくある、櫛歯(?)が内側にめきょ、と折り畳めるヤツ。髪の結い直し等に。クセのある髪は手櫛だけではまとまらない。

とまあ、最低でもこれだけは持つので、容量が無いと困るのでありました。これで映画観るともなれば眼鏡ケエスも入るし、微妙な天気なら折り畳み傘もバッグに放り込みたくなる。うがあ! 重い! 重いよ! 恋する乙女の心情以上に重くてウザイ!! でもいずれスクウェアなボストン・タイプを買う予定。これは合皮製だったかナイロンか何かで、比較的水気に強い素材の筈。デカいよこれも。でも買うのだ。これでまだまだ荷物増えたって平気!(……)
フロイライン リボルテック 001 綾波レイ (初回限定特別価格版)
フロイライン リボルテック 001 綾波レイ (初回限定特別価格版)
結局のところ、「海洋堂」という「ブランド」が好きなのだと思うし、故にクオリティや製品に対する「信頼」も持っているのだと思う。そうでなくては、製品そのものを手に取ることも出来ない「通販」という手段で、いきなり予約注文してまでは買わないだろう。せいぜい、見たのは画像くらい。それも、「開発中のものです」なものを。加えて第1弾が「EVA」のキャラクタアだったし。故に、多分「感想」というか、「評価」は甘くなる、と、思う。

ジョイント部にオリジナルのパアツ・「リボルバー・ジョイント」を用いた、可動性のあるフィギュア(=リボルテック)に登場した新たなライン「フロイライン」。女性キャラクタアを汎用女性用ボディを用いてつくられるシリィズ。これまでに基本ロボット等をフィギュア化してきたのだが(数例の例外はあり)、これはあくまでも女性キャラにこだわるものらしい。……男性キャラも欲しいけどな……。

手元に届いた頃には既に何本ものレビュウがあまぞんに寄せられていて、ほぼ言いたいことは言い尽くされていた。ので、後は少しばかり私見も交えてあれこれ。

1:全体的には。
ボディ・ライン、手足の長さ等のバランス、全体の大きさ・ボリュウムは好み。キレイだと思う。オプション・パアツも過不足ないと感じられるし、価格との釣り合いは取れている。遠目に見る分には顔の造作もまずまず。パッケエジのBOXもすっきりとした縦型なので収納がしやすいかと。
自分の手元に届いたものは、一応はどうには自立する模様(あまぞんのレビュウでは自立しないとのコメントも数件)。

2:可動性は。
多くを望まなければ概ね満足出来そうではある。
ただ、コスチュウムに至るまで樹脂等の硬質な素材で再現するものであるためか、「ジェニー」等の人形ですら可能な「椅子に座る」等の「人間ならば簡単に出来る動作」の再現等、やや無理が生じる場合も多々あり(この「椅子に座る」に限って言えば、浅く腰掛ける程度のポオズなら取らせることも出来る)、そういった辺りに不満を感じてしまう。
股関節・肩など、もっと柔軟に動かしさえ出来ればかなり色々と楽しめそうなのだが、造型上の都合というか見映えのこともあってか、動きに制限のあるつくりにならざるを得ないのが現段階いちばんのネックのような気がする。特に股関節は、所謂ビキニラインの部分でくっきりと分割されるために、その曲線部分の接合部故に可動性が下がる。
誰もが指摘する肩・股関節等の外れやすさもやはり気になる。押さえつつ動かせば防げるものの、外れやすいことには変わりない。

3:顔は。
作家性が反映されるものなのである程度は仕方ないとしても、パッケエジや「開発中」の写真・画像の硬質かつ無機的な表情を気に入っている身としては童顔・柔和過ぎるのが瑕瑾。アイ・ペイントがあまりに違う気がするのだけれど。手塗り故の個体差?? 前髪とシャギィの入ったサイドのせいで瞳がまさにキモになると思うのだけれど。遠目には気にならない。
可愛いと思う反面自分が思う「綾波というキャラの可愛さ」とは異なるので残念。また、横顔のラインは鼻が低くのっぺりとしているので尚更幼い印象を与える。

4:その他。
オプションはロンギヌスの槍(ややメタリックな塗装で格好いい仕上がり)、手のパーツ2種×両手(計4個)、ディスプレイ用台座。ディスプレイ用の台座は互いの素材の硬さ故にフィギュア本体に傷がつく、と評判がよろしくないので未使用のまま。……いくらガンガン動かして遊んでくれやなものでも、飾るだけで傷がつくようなもんはいかんだろう。
手が大きすぎるという指摘も見られたものの、貞本キャラに限って言えば手は割合大きく描かれることもあるので気にならない。
首が太めなのもジョイント・パアツが内部にあることを思えば許容範囲(ただ、首筋が露わになるタイプのフィギュア・キャラの場合はまさにネックにもなりそうだが)。

価格とのバランスを思えば上出来なのかもしれない。概ねいいと思う。細かい点を気にしなければ。

その細かい点、てのがいちばん大事な気もするんだけど。

既に第3弾までリリィス予定が明らかにされている。……毎月1体、て、……買うのか私……。でもって、予想通り、レイを出したくらいなのでアスカも出るのであった。ああ買うよ畜生。

今後今抱えている「問題」が改善されてゆけば、もっと楽しめるものになると思う。
映画館ほど素敵な商売はない
神谷 雅子
4780301343

今年の秋~冬ほど短期間にあれこれ映画を観た時期も無い。すごい勢いで観た。週1くらいの勢いで。夏場だって「映画観たい!」というキモチそのものはあったのに、如何せん観たい気分にさせてくれる作品を見つけられなかった。ところが、寒くなってゆくにつれて、面白そうだ! と思う作品がうぞうぞ出て来ちゃったのだ。

既存の作品の劇場版以外は、全て雑誌で知ったり映画館のチラシやポスタアでその存在を知ったものばかりで、友人はよくそんな綱渡りな状態で私に付き合って一緒に観てくれたものだなあと思う。
私個人としては自分で観たいと思って観る訳だけれど、友人としては「水玻ちゃんが面白いそうというなら付き合ってもいいよ」というスタンスで、きっと「……面白くなかったらカナシイなー」と思っていたに違いないのだ。いくらレディス・デイを狙ったりしたって、出費は出費、面白いと思えなければ余計にその出費がイタく感じられるではないか。

しかし。概ね満足してもらえたもの、と宣言してやる!

全勝だ! 負けナシ! 全部それぞれに満足出来た!!

……私はね(と弱気になる)。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」、「めがね」、「パンズ・ラビリンス」、「題名のない子守歌」、「ザ・シンプソンズMOVIE」……と、アニメ作品から邦画、アメリカ産以外の洋画、とヴァリエもなかなか♪ 時間が無いのでなかなか個々のレビュウが書けないのだけれど、いずれひっそりかますだよ。

ヨオロッパ産の映画を2本も観られたのも嬉しかったなあ。単館系作品は地元に上陸してくれるか否か、後者が多いだけに観られたのは奇跡的。
そして、アホ程よく泣いた(はっはっは!)。もう身も世もなく泣きまくった(騒々しい泣き方はしてないけど)。

そして、映画鑑賞強化月間に終わりが見えつつも、まだまだ「観たい!」が控えているのだった。ああああああああ、嬉しいようなツライようなー!!

年越してからも、観たい作品が待ってる。ああ、どうやってうまいこと休みを取ったらいいかしらー?
銀魂 第21巻 (21) (ジャンプコミックス) (ジャンプコミックス)
空知 英秋
4088744454

そう簡単には泣かないぜ、と常々思うのだが、アッサリ簡単にボロ泣きすることが多い。トシ食うってのあそういうことか?

今月発売と判っていて買い忘れるという失態を演じてしまった↓ 久々にネット書店ではなく一般の書店から購入しちゃったよ。そこの書店では出来るだけ買いたくなかったのに(店員さんの対応が微妙な時がある…)。

「乙姫の野望」篇? あるいは「夏休み」篇か? 「竜宮城」篇? とにかく、銀時とヅラがじーさんになってもキメたりボケたり(そりゃあもう二重の意味で)がこの巻にて完結。空知んたまはじじいとばばあが好きだなあ、御老体に優しいというか、眼差しがアタタカイよな。いつもそうだ。おっさんとかオバハンとかな。

己の願いを達成せんとする乙姫と、彼女と真っ向から闘う銀時と愉快な仲間たち。今回はお妙の見せ場もアリで、久々にマトモさを垣間見た(いつもは鉄拳振るうアマだもの・笑)。
前巻では盗撮していた謎の亀人間・亀梨に連れられ、竜宮城を目指すも無人島に流れ着き、何やかんやで銀時とヅラがじーさんになってしまったところまでを描いていたのだが、この巻ではじーさんになってしまったふたりや、乙姫の野望に立ち向かうことになった面々のそれぞれの闘いっぷりに絡め、お得意の人情モノな展開に。

……泣いたなー。読むたび泣くな。もう慣れたよなー、と思いつつペエジめくるとまた泣いてるし。
何千年もの間、愛しいひとが目覚めるのを待つ内に醜くなってしまった乙姫の願いは深海に輝く真珠の如く美しくあり続けることだったのに、いつしか歪み醜く変化してしまう。そもそもの願いや心情もまた美しく真っ直ぐなものだったのに。それでも生きるしかなかったがためにますます醜くなってしまうという皮肉。
彼女が何故人類をじーさんばーさんだけにしてしまおうとしたのか、その理由も明らかにされる。そして、罪は憎んでもひとは憎まぬのか、最後には助ける銀時が相変わらずで嬉しいVv

あちらこちら、ごっさ笑えるネタ満載なのに、何でこんなに泣けるんだろう。くそ!!

あとは、17巻に登場した機械家政婦(からくりかせいふ)たまの休日を描いた回も秀逸。たま、可愛いよたま。機械なのにその内心を慮るお登勢もイキで優しい。何しろ元泥棒で自分からも盗みを働いた出稼ぎ天人(あまんと)キャサリン(猫耳という萌えアイテムを備えつつもまったく萌えさせない女)ですら「自分の娘だと思ってる」から「幸せになってほしい」くらいだ、機械においてをや。でもって、機械なんだぜ、と言いつつも結局は見捨てられず「休日」を満喫させようとしちゃう銀時もカワイくてオトコマエ。ふふふふふ。ケチで万年金欠なクセにたまが欲しがっていたものを買ってあげちゃうし(たまはちゃんと給料をもらっているそうな。この時は金を持参していなかった)。
ほのぼのしててよい話だった。さりげなく、ちょこっとだけお登勢の絡むとある回と呼応しているような描写も良かったなあ。

「乙姫」篇は、ある意味少女まんがちっくなノリもあって、余計にのめり込んで読んでしまったのかも。りりかるなの。空知んたまの作品には結構散見されるんだけど。

巻末から新たな展開が。真っ白い粉運ばせそうなひとたちに雇われた万事屋がどーなっちゃうのか楽しみッス。

この巻を以て担当大西氏から新たに斉藤さんなる方に変わる模様。「さよなら大西スペシャル」でもありますた。大西さんはゴムゴムのひとの担当になっちゃうのか! 

充実度が高かった。個人的に。次巻も無論楽しみに待つぢょ。
「名探偵コナン」10周年記念ドラマスペシャル 工藤新一への挑戦状-さよならまでの序章-【通常盤】
小栗旬 黒川智花 岩佐真悠子
B000MTFDMO

この時は観なかった。が、第2弾は後半のみ観た。

小栗旬くんは何処を目指しているのだろう(遠い目)。

安易なまんが作品のドラマ化が目立つ中、もっともやっちゃいかんのではないかと思える一作ではないかと思ってたらやはりそんなカンジだった
コミック→ドラマならば、「イケパラ」と「クローズ」で留めておいた方が良かったのではないかと。事務所もごーさいん出しちゃったんだね。すごいや。勇気ある暴挙。何という素敵黒歴史。しかも1作目で終わらず更に歴史を積み重ねちゃったゼ!

キビシイ。仕事を終えて後に画面を直視するのがとてもとてもキビシイ。疲れた身体にキく(笑)。「有閑倶楽部」も「……」(口元のみ半笑い)だったのだが、輪をかけて、というか他のなにものをも圧倒してエライことになっていた。

まんが故に許容されるものを実写でやるってキビシイんですね。

何かこう、片腹痛いっつーか横っ腹がイテエっつうのか。すすすすすすすすすすすすすごいよコレ。ジンの兄貴が目立って目立って暗闇に潜むのすら無理ですよ。ダメだよ兄貴、髪は黒に染めておこうぜ! 宮野さんが茶髪って程茶髪でもないのに(そしてヘア・スタイルを再現しようと必死になり過ぎてパーマ失敗したお姉ちゃんになっていた気が)真っ白しろすけな兄貴。原作に忠実にするならするで徹底してくりょ。
目立つよ目立ってるよあれは組織の中でも確実にぷっかぷかに浮きまくりだよ! あんなカッコで街歩いちゃダメだよ。狙撃して下さいと土下座してるクラスの目立ちっぷりだよ。土下座して頼んだ挙げ句、的を身体の至る所に貼り付けた上でライトアップしてるくらいだよ。

何しろ後半からいきなり見始めてしまったので、ストーリィそのものよりもキャラ造型だの見た目だの効果なんぞに目がいってしまう。
まんがならではな状況や設定をそのまま実写でやるのは大変だな、としかもう言いようが。更には、コナンと哀はオリジナルの声優さんによって「吹替」が為されていたことにも吃驚。確かに、オトナな口調を子供の姿で演るとなれば、演技するのも子役には大変かもしれないが、あれはあれでまた違和感がありまくりで、……。

小栗くんはあのこっぱじゅかしい台詞と演技を「楽しんで」演っておられたのであろーか。

というか何時どうやって割り切ったのかを知りたい。

蘭とおっちゃんは割合フツウに観ていられたのだが、それ以外はある意味全滅。うおおおおおおおおう、何て目にキビシイドラマなんだ!! こう、配役と演出でここまで

ぼっこぼこにしてやんよ!

なドラマもなかなかない。エライいんぱくつ。やはりジンの兄貴がいんぱくつ大賞でした。

流石兄貴、酔わせるぜ!(何かもうヤケ)「よわせる」だよあくまでも。じっ、実は「わらわせる」って読むなんてことはないんだからねっ!!

シュールな絵面とまんがな展開。これは現代美術に対する挑戦か何かか? いや、新たなお笑いの限界に挑(以下略)。

ちょっと違う次元で楽しませてもらった。でも仕事上がりに観るのは危険だったぜ。
ブログの管理画面が刷新されていた。いや、前回ログインした12日前には既にそうはなっていたのだが、…これで固定されちゃってるのかあ、と改めてしみじみ見て

使いづれえなあ

と思ったのであった。

前の管理画面で良かったのに。部分部分は「あ、新しくなってからの方がいいかな」という点があるのだけれど、全体的には「以前のver.で十分だったのに何で変える?」な印象が強い。

何のために、誰にとっての利便性があって、変更しちゃったんだろう。まあ不満やら疑問を抱いているのはごく少数派なのかもしれないけれど。

思うように更新出来なくてつまらん。あ、それは管理画面のせいではない。自分の生活環境のせい。
一日一記事、という当初の目標というか自分に対しての決め事を全く守れない状態にある訳で、今後埋めていくにしても無理のある本数となってしまい、本気でここをどうしてくれよーかと悩むよーになってきた。
「あってもいいかな」という記事のみを残して、あとは更新出来る時だけ、と割り切ってしまうか、はたまたここのログを整理して残しておいて、まったく新しいブログを始めるか。

この「拠火園」の前身(というとやや語弊があるか…)の「Daily Junks」(何もかも皆懐かしい)もかなり思い入れがあったというか好きだったのだけれど、「拠火園」にも思い入れがかなりある。ドメインだって一応まんまだし。それも何もかも捨てて(大袈裟)新たに、も何だかセツナイ。ああどうしたものか。

大した内容もないもののために悩むな、とか言っちゃダメ。

それより何よりネット出来ないという環境をまずどげんかせんといかん。どげんかせんとっつったって、どげんもこげんも出来んとですな状態だが。

ネット依存度が高いなーと今更ながらに。時間あったらネットに接続したいというキモチが思春期男子のせいよ……いえあの何でもないよもとい禁煙し始めてやや経過した元ヘヴィ・スモーカアくらいに募りまくって困る。出来ないからふだんはふて寝(えー)。

明日からまたしばらくPCの無い生活。携帯から更新すればいいじゃない、って言ったヤツちょっと後で職員室まで。そのまま体育館裏に連行。ジョシコーセーじゃないのでいちいち指でちまちま打てません。それも長文を。それでなくとも最近携帯のバッテリィ切れやすいのに。

……。何か話変わってる。

とにかく。ブログをどうしたものか、と悩んでいるのはホントウ。あーどーすっかなー……。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。