上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE ART OF Ponyo on the Cliff―崖の上のポニョ (ジブリTHE ARTシリーズ) (ジブリTHE ARTシリーズ)
THE ART OF Ponyo on the Cliff―崖の上のポニョ (ジブリTHE ARTシリーズ) (ジブリTHE ARTシリーズ)
……まさかまだあんなにおこちゃま連れが多いとは思ってなかったぜ……。

朝イチの回で観てきたのだが、小さな子供連れのお母様方がそれはもうぞろぞろと。おこちゃまにおねだりされたのでしょーか。すんごい数だった。シネコンだから比較的シアタアは小さめになってしまうものなんだけど、何かもう至る所に客・客・客。
本来観て欲しい年齢層にはあまりウケておらず宮さんはちょっと落ち込んでいる、みたいな報道を見聞きしていたのだが、何の何の、そんなことは決してなかった。子供だらけでみんなきゃあきゃあ言って観てたわよ。

五歳の割にしっかりものの宗介と母親は、父親(で夫)が海で働いているため不在がちだけれど、しあわせに暮らしている。磯で出会った(?)小さな魚を拾って助ける宗介。ぽにょぽにょしているからと「ポニョ」と名付け、「ぼくが守ってあげるからね」と救い出すものの、小さなおさかなの父親に連れ戻されてしまう。
が。「彼女」は還ってきた。何と、お魚ではなく、人間のおんなのこの姿をして。大好きなあの子と、ずっと一緒に居るために。人間になれば、ずっとずっと一緒に居られるから。

「人魚姫」を下敷きにしたこの物語は、けれど悲劇では終わらない。とてもとてもしあわせな終わり方をする。……不安や未来を気にしなければ。「こども」という存在そのものが、そもそも「可能性」で「未来」だから、そんなもの、気にしなくたっていいんだろう。
まだ、「おとな」ではないんだから。

おこちゃま同士とは言え、リッパに恋愛モノであった、と、思う。

会いたい、一緒に居たいというだけで、親に逆らって魔法奪って人間になって、海が荒れようが町が水没しようがどうだっていいもん、と「すき」の一念で来ちゃうんだぜ?

ポニョは宗介に再会した途端、宗介がぶっ倒れそうになるくらいの勢いで走ってきて抱きつく。すりすりと頬擦りして、心の底から満足しきった笑みを浮かべる。宗介はそれを真っ直ぐ受け止める。

惚れた男に会いたい一心。理由はそれだけ。

あいたいの。いっしょがいいの。だってすきだから!

気恥ずかしくなるくらい真っ直ぐである。「おとな」にはムズカシイ。その「おとな」たちのムズカシさもまた描かれている。

老人ホームにいる、何だかツンケンしたトキさん。いつもいつもは一緒に居られない宗介の両親リサと耕一。想うが故にちょっとキビシイポニョの父親フジモト。宗介にさらりと「現実」を突きつけてみるポニョの母・グランマンマーレ。

いい意味で、長閑なクセにすぺくたくる満載で、のほほんとしてるのに直球ド真ん中レンアイもので、結構謎に満ちていて、私は楽しかった。

そして、観に来ていたこどもたちが楽しそうだったのが、嬉しかった。

久々に、CG一切ナシの、オール手描きアニメ。水の揺らめき、空の青さ、嵐の激しさ、海底の美しさ、宗介たちの動き、何もかも手描き。あたたかみのあるやわらかい線と色遣い。

ポニョが本当は「ブリュンヒルデ」という美しくも雄々しい名前を持つ「乙女」であったりすることや、監督のこだわりであるというグラジオラスの花、水没する町というお馴染みのモティフ、それぞれをあれこれ楽しみつつも、そんなもんは知らなくたって存分に楽しくて胸がきゅんきゅんいわされちゃう作品でした。

母の愛、というのが隠し味でしょーかね、やはり。この作品には母や母のような存在がメインで三人も登場するし(父親だって登場するけど)。

リクツ抜きで、あのあったかい、でもちょっとだけ絶望(「おとな」になれば持ち得る、可能性のひとつ)も含んだあの世界に、おとなになってから踏み込むのも、悪くはないと思う。

あなたがだいすき。

それだけの理由で、何もかも壊してでも突き進む純情と無謀と残虐と無知と無垢。

ずっと、ずっといっしょにいたいの。

それだけの理由で、何もかも捨てて飛び出してしまう強さと向こう見ず。

いずれ、「現実」が彼等の足元にもひたひたと押し寄せる。海が波立って浜に、磯に、うち寄せるように。色々知って、色々味わって、汚れることも褪せるものもあるのかもしれない。

それでも、いまのきもちは「ほんとう」だから。

彼と彼女は一緒で居ることを選ぶ。自然の理も何もかもねじ曲げて。

そんな恋を、「おとな」はすることが出来るんだろうか。きっとあの年齢だからこその、激情で恋情なのだろう。本人たちはそんな呼び方すら知らないだろうけれど。

ずっと、いっしょにいようね。

その約束が違えられたら、どうなるのかしら? ――「オトナ」はちょっと意地悪く考える。あるいは、そんな風に考えてしまうのが、「オトナ」への第一歩なのかもしれない。
トキさんが何処か素直になれない理由。リサが耕一にハラを立てる理由。フジモトがポニョを止めたい理由。「コドモ」にはわからないし、まだわかりたくもないいろんなこと。

あなたがだいすき。

あなたが、だいすき。
スポンサーサイト
ハーレクイン 2008年 10月号 [雑誌]
B001DXOECS

一日挟んでやっとの4作目。

危険な外交官 (ハーレクイン・ロマンス)
Robyn Donald 久我 ひろこ
4833514842


コミカライズ担当:森素子(カラー有り/描き下ろし)

ある理由で婚約者に去られ、辛い思いをしたヒロイン有能な通訳者。出来れば祖国ニュージーランドと絡む仕事は引き受けたくはなかったが、断れず引き受けた。依頼主であるNZの外交官呼ばれ、出向くもあまりに魅力的で圧倒される。だが、過去故に恋はしない・出来ないものと思い、また心を見透かすような瞳で射抜かんばかりに自分を見つめる男に、触れられたくない「かつて」を露見させられるのではないかと警戒する。
彼は彼女を食事に誘ったが、ヒロインは断った。だが結局仕事の話があると誘い出され、バーで会話する羽目に。なにひとつ見落とさない彼の優秀さと油断の無さに恐れを抱きつつも惹かれている気持に気づいてしまう。
何があっても、この男性に惹かれてはいけない。特に、外交官などを生業にしている男には。
ヒロインには外交官を遠ざけたいだけの理由と辛く重い過去があった。

鬼畜ヒーローと言えばこの作家、と言われそーなロビン・ドナルド作品なのでかなり警戒しまくってしまったのだが、森さんのアレンヂの故か元来そうなのか、ヒーローは情熱的かつやや強引ではあるものの紳士的。安心したんだか肩透かし喰らったんだか(ははは)。

基本忍耐強く紳士的に、かつ直向きにヒロインに迫るタイプのヒーローだったので読んでいて楽しい♪ 傲慢野郎ばっかりじゃ食傷気味になるしよー。ヒロインが過去背負い込んじゃってるのと察知すると、それを解きほぐそうとしてるカンジなのもよろし。でも迫るのはやめないぜ(笑)。

相変わらずのノオブルかつ端正な雰囲気の男性に愛らしさと清楚さ漂うヒロインでウマウマVv ラストのプロポオズ・シーンはベタなれどそれ故に素敵な仕上がりVv いやあ、良かったわー。

総評。とりあえず、篠崎さんの「おとぎの城の…」でかなり大満足だったので、その一作のためだけでもイイカンジの号だった。森さんのも良かったし。小林さんのは野郎キャラに感情移入しづらくてダメだった↓ 中村さんは完結をちゃんと見なくては。

次月号ラインナップは真崎春望さん(巻頭)、伊勢崎とわさん(うむ!)、中村地里さんの後篇、桜屋響さん(よっしゃー!!)と楽しみな方がふたりもVv 特に桜屋さんは個人的大ぷっしゅしまくりの生え抜き新人さんなのでわっくわくだ。楽しみー♪
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク
ずっと話題で、ずっとなかなか予約が開始されなくて、ずっと欲しい欲しいと思っていたひとたちをやきもきさせまくっていた「Figma 初音ミク」、予約開始!

……と思ったら、瞬殺状態で、予約出来なかった方が多かった、らしい。

私も、「今までは初回の出荷時に入手出来てたけど、これだけは何度目かの再生産分でやっと手に入るくらいかなあ」と危ぶんでいた。

で。「ちょっと待て! 以前は検索してもヒットすらしなかったのが出来るようになってる……のに、もう予約出来ない状態!? え? は?!」とパニくり、いよいよ「これはもうダメかもわからんね」状態であった。

その後、諦めつつもあまぞんにアクセスしたら。あれ? 予約可能になってる! げえええええ! 出遅れたか! 殿オォォォォォォオオオオ! いざ鎌倉と馳せ参じる所存で御座いましたが拙者ついうっかりしており申しました!! くらいにテンパって大慌てでポチったら。

あれ? どうやら予約出来てんじゃね?

あまぞんでは予約可能と表示されていても、いざカアトにぶち込もうとしたら出来ない(=予約は終了しました)ということがよくあるんだけど、……あれ? ということは、あれ?

ちゃんと、予約出来たんだぁ!

……ま、あまぞんと言えば「コノザマ」くおりちーなので、届くまで安心してはいけないのでしょうが。

何にせよ、無事に予約出来てほっとしました。それにしても、ものっそい人気ですね。ネットの方々で「予約出来なかった!」の声多数見かけてしまいましたよ。再生産は何時なんだの声も既に見かけるし。

一応、素直に発売・発送される日を待ってみます。……コノザマになったらどうしようかな↓
ハーレクイン 2008年 10月号 [雑誌]
B001DXOECS

では3作目。ヒストリカルにしてシリィズものの一篇、前後篇の内の前篇。

囚われの聖女 (ハーレクイン・ヒストリカル・ロマンス)
Tori Phillips 古沢 絵里
4596321752


コミカライズ担当:中村地里(カラー有り/描き下ろし)

カトリック信者であるが故に、時の王に迫害され死刑に処せられることになったヒロインと、彼女の死刑執行人として現れたヒーローとの恋を描くヒストリカル。

トーリ・フィリップスのヒロインは気骨があるというか、ヒストリカルではあるけれど、オヒメサマオヒメサマしたヒロインはあまり見かけない。良くも悪くもあの手この手で相手を翻弄したり危機的状況を回避したりしようとするところが魅力的。

今作は「キャベンディッシュ年代記」の中では第1話に相当する物語のヒーローだった男性の娘がヒロインに。敬虔なカトリック信者であるということでキャベンディッシュ家を煙たがる者たちの画策やまだ年若い王の浅慮によって死刑が宣告され投獄される羽目に。
彼女の死刑が執行されるまでの見張りが彼女を手込めにしようとした所に執行人が到着し、その非道を止める。
彼は所謂ジプシーと呼ばれる民であり、貴族や彼等を蔑む人々を「ガッジョ」と呼んで忌み嫌っているのだが、その貴族の娘である筈のヒロインの美しさや優しさに心を奪われてなかなか「刑の執行」に至ることが出来ない。彼は彼で人質を取られ、何としてもこの厭な役をやり遂げなくてはならないのだ。
身分の違い、迫る追っ手、あらゆる困難を背負いつつも結ばれるふたり。さあ、どうなる!?

……という所でとりあえずは終わり。今のところこの「キャベンディッシュ」のシリィズは同じまんが家さんの手でコミカライズされていて、更には大抵前後編、と比較的ペエジにゆとりを以て描かれているのがいい(ヘタするとダレるけど)。
でも、相変わらずシリアスな場面で「○○~~」と伸ばすのだけはいただけない↓ 何か間延びしちゃうんだよなあ。

ロム民族であるものの、騎士のような振る舞いを見せる心優しいヒーローと、前向きで勇敢なところを見せるヒロインが魅力的。
物語の中盤で早々と結ばれちゃって、そんなふたりにどんな危機が迫るのであろーかと期待して待て次号、ってことかなー。

中村さんはまとめるのがお上手だなあと思わせてくれる反面、そつが無さ過ぎて単調に感じられる時があるのが少しだけ残念。いや、これなんかもかなりテンポよく進んでいるとは思うんだけど、何となくのっぺりした印象を受けなくもないんだよなあ。何でだろう。

原作持ってるのに未読のままコミカライズを先に読んでしまった↓ こんなのばっかりだな、私。
ハーレクイン 2008年 10月号 [雑誌]
B001DXOECS

では2作目。

おとぎの城のロマンス (シルエット・ロマンス―ウエディング・オークション (L942))
マーナ・マッケンジー
4596004544


コミカライズ担当:篠崎佳久子(カラー有り/描き下ろし)

ヒロインは教師。毎年市が開催するチャリティ・オークションに参加している。彼女は「働き手」という「商品」としてオークションに自らを出品し、それによってチャリティに協力しているのだ。
彼女を高額で競り落としたのは最近町で噂の、城に住む男。彼女が昔から憧れていた古城にひとりで暮らしているのだという。いつかその城に入ってみたいと思っていたヒロインにはまさに渡りに船のハナシ。……おまけに、競り落としてくれた雇い主である彼は、驚く程魅力的と来ている。

彼女の仕事は城の中を掃除・整理し、彼の姉が来るまでにそれを済ませ、その姉上とやらに彼がちゃんとひとりでもやっていけると解らせることである、という。大家族で暮らし、決して豊かとは言えない生活を送っていた彼女は、修繕も掃除も苦にならない。それどころか城で雇われている間は暮らせると来て、嬉しくもある。
そこに、姪を預かって欲しいとの妹からの依頼。ヒーローに尋ねると多少困惑を見せるものの快諾してくれる。
少し夢見がちで前向きなヒロイン、陰のあるヒーローと無邪気な姪っ子、3人(+通いの家政婦)の暮らしが始まる。

互いにふたりは惹かれ合うものの、ヒーローにはある過去のために、恋に前向きになれない理由があった。

とにかくふんわり優しくて可愛い話Vv これは原作持ってるし読んだ♪(まあちょっと内容忘れてた訳だが↓)3部作だけに、ほかの2作が読めないのが残念至極。

ヒロインがひっそりと子供の頃のオヒメサマ願望を持ったまま、の大人で、お城に入れた、というだけでわくわくしまくってるのが可愛い。
ヒーローの気持を汲んで何にでも一所懸命に取り組むのもいいなあ。ヒーローと彼の姉との関係性や、少しずつ育まれてゆくロマンスもいい(姉上にもロマンスの気配が漂うのだ♪)。

篠崎さんはアクション性の高い、逞しい男性が格好良く大活躍するサスペンスフルな物語も向いていると思うけれど、こういうふんわり甘々なのもお上手でいいなあと思う。

ラスト、プロポオズのシーンはまさにおとぎばなし。いやあ、何とも可愛らしくて良かった良かったVv
ハーレクイン 2008年 10月号 [雑誌]
B001DXOECS

まずまずの粒揃いだったかと。自分にとってかなりツボな作品があったので、それだけでも嬉しいVv

残酷な再会 (ハーレクイン・ロマンス)
Cathy Williams 加藤 由紀
4596119120


コミカライズ担当:小林博美(巻頭カラー/描き下ろし)

困窮していたヒロインに差し伸べられたのは、かつて愛していたものの、別れることになってしまった男性の、見下すような眼差しを添えた誘惑の手だった。

富裕な家に生まれ育ったヒロインが、父親の他界をきっかけに放蕩ぶりとそのための借金に喘ぐ羽目に。屋敷を買い取り、会社を支援するという人物が現れたと知り、会ってみるとそれはかつて愛した男だった。
彼は彼女の屋敷で使用人として働いていたものの、彼女と愛し合うようになった。ある夜突然彼女にプロポオズするものの、彼女は戸惑うばかりで、ひとまずは断ってしまう。すると彼女にとっては貧乏人相手の遊びだったと決めつけてそのまま姿を消してしまった。
その彼が今では相当の資産家となり、彼女の屋敷を買うという。更には彼女をも手に入れるのだと言い放つ。
憎しみが湧くのと同時に、それでもやっぱり愛情を捨てることが出来ないヒロイン。

……正直、野郎があまりにもガキで短絡的過ぎて、同情もへったくれもあったもんではなかった。当時ヒロインは大学生で、子供と言えばまだ子供。親への依存度は高かったのはある意味当然だし、しかもそもそもが富裕な家とあっては、いきなり家も家族も何もかも捨ててオレと一緒に来てくれ! と言われても「おっけー!」と駆け落ちする勇気が無いとしてもそれ程責められることでもないような気がするんだが。突然プロポオズされて即断出来ないからってソッコー町を飛び出してヒロイン投げ捨てる方が余程ひでえと思うんだが。

確かに、ヒーローが思い詰めるのも無理ないと言えば無理ない状況でもあるにはあったけど、反対される可能性があったことを微塵も考えずにただ願いだけ叶えてもらえると思って彼女の両親の元に赴いて結婚させてくれくれゆったって、ねえ。
復讐したい一心で今の財産築き上げたくらいなら、断られた段階で「それなら申し込むに相応しい男とやらになってやんよ!」と出世に漕ぎ着けた方が建設的じゃね?

一事が万事短絡的かつバカっぽくて、どうも感情移入出来ないんだよなあ、この「元・貧しくて苦労してました」ヒーロー。
そして、そんなバカをずっと愛してたヒロイン。それでも、彼を純粋に愛していたのは事実だし、それ以来誰も愛せなかったのも事実だし、元来身体の弱い母親も捨てられなかっただろうし、父親の放蕩を知っても逃げ出さずにどうにかしようともがいていただけ、バカ男よりマシってもんだろう。

HQにはよくあるパタアンのハナシだったけど、ヒーローが直情バカ・短絡思考の持ち主、という点でガッカリであった(まあ大抵のヒーロー直情短絡思考バカだけど・笑)。

ヒロインから関係の修復の努力をさせるのも好みじゃねえなあ。折角なんだから、やっぱここは「プライドの高い男が愛故に自ら折れる」ってのを見せてくれよ。

そんな訳で、☆3つ、ちうカンジでした。
銀魂 いちご牛乳マグカップ
銀魂 いちご牛乳マグカップ
友人から、もらいました。誕生日のぷれぜんとだそうです。

何だろう、何このヘンなカンジ。嬉しいのに涙が出ちゃう。いや違うんだこれは目から鼻水が出てるだけなんだそうさおそれないでみーんなのために(壊)。

ありがとうございます。何かもう「お前好きなんだろ? あん? 好きだべよ? あん?」的なものを感じざるを得ない訳ですよ。
いや確かに大好きですよ「銀魂」。大好きだけれどもね、……すみません、とっても嬉しいです。だけど何だかもわんとしたものも胸の中を過ぎります(笑)。

こぢんまりした、可愛いサイズ。ホントに、女性ユーザしか念頭に置いてなさそうなくらいこぢんまり。大きめマグが好きなひとにはちょっと寂しいかもしれない。カップ・スウプなんか飲んだりするのに便利そうです。
この神楽と銀時のものっそい冷めたツラ。私も多分、これ最初に見た時こんなツラしてたよきっと。あははははははは。

更に更に。
銀魂 お守りVer.2「銀時」
B000WZ9LIA

銀魂 お守りVer.2「土方」
B000WZ42OS

追い打ちかけるように、一緒に贈られたもの2点。「銀時」と「土方」のお守りですよ。可愛いなあ。あははははははははは!

……いや、ホントに可愛い。もったいなくて、まだ開封すらしていないくらい(ちなみに、透明な袋に入ってるので、空けなくてもちゃんと中身は見られるのです)。デフォルメ・キャラが綺麗に刺繍されていて、無駄に豪華です。

○○ちゃん、「銀魂」尽くしでありがとう。何かこう、このトシで素敵極まりないモノを頂いてしまって大変嬉しいわ。喧嘩売られてるのかと一瞬思ったけど、それは私の勘違いね、テヘ(はぁと)。

えーと。ホントに、嬉しかったです。嘘偽り無く。どれも可愛い。お守りはまだまだ大事に大事に取っておいちゃうけれど、マグ・カップは使ってます。いちご牛乳、今度買ってこなくちゃなー。
Figma 一騎当千Great Guardians 関羽雲長
Figma 一騎当千Great Guardians 関羽雲長
予約入れてたのが到着。箱のまま飾る派ではなく、すぐ箱から出して動かしてみたい派なので、即実行。

未開封状態で見た時も思ったけど、……小さいんだ。そっか。何かほかの「Figma」と並べると軽い違和感があるなあ。
いや、身長はどれもだいたい同じ。それ故に、顔の作りだとか全体の造作が、今まで購入してきた「Figma」に比べると小さい。頭身のせいでこうなった、のかな? 「ルルーシュ」辺りと同じくらいになっても良さそうに思うんだけど。

もはやお約束ですが、「一騎当千」も殆ど読んだことのない作品。前にちらりと書店で見てみたけど、如何にもなデカ乳パンモロ格闘美少女モノ、という印象しか受けず(つまり、その程度しかナカミを見ていない、と)、「あーハイハイ」であった(そして、正しくそれを理解しているであろう故に、ほーらぱんつなんか丸見えだよ乳ぼーんだよ)。

ウケそうな作品ではあるだろうねえ、と。もうそれだけ。なので、キャラの魅力だとか性格だとか全く知らず、単純純粋に「動かせるフィギュア」として魅力を感じるかどうか、楽しいかどうかだけのモノ。

「Figma」は色んなオプション小物が付属するんだけど、これはダメエジ・コスチュウムというものが付いてきた。作中でも「北斗の拳」並にというか、それ以上に「紙で出来てんのか」と言いたくなるくらい簡単に衣服がぶっちゃけているらしいのだが、それを再現して楽しんでね、ということらしい。スカアトは破れてより「中」が見えやすく、上半身は所謂下乳がようけ見えはりますなあ、なカンジに破れている。

ちゃんと、ソレにチェンジして飾ったわ(笑)。そもそもそんな破けやすい衣服で闘うアマなんてイヤじゃ! としか思わないけど、もうそーゆーキャラでまんがなんだろうし。ははははは。

顔がとにかく小さい上に、設定上前髪が片目隠しちゃう、というウザいヘア・スタイルのため、折角綺麗に出来てはいるんだけど、目立ちません、アイ・ペイント。でも手抜きは感じない。ほかにも異なるフェイスが2つも付いてくる。いいよいいよー♪

相変わらずよく動く……んだけど、今回はずるだらに長髪なヒトなので、背中に台座の差込口あるんだけど、これがうまく嵌め込めず少し四苦八苦。ううむ。ウエストだと見映え悪いだろうしなあ。でもセエラア・カラアまで邪魔だから困っちゃったよう。

ほかの皆さんのお手元に渡ったモノの中には、青龍刀(だっけ?)の塗装がハゲていたりするものがあったらしいけれど、私のはどうにかそういった「不良」は無く、運が良かった。
長いエモノはいいねえ。ほかのキャラにも持たせてみたくなる。

今までのキャラに比べて肌が小麦色なのは元々の設定のせいでしょーか。ちょっと新鮮だった。ルーズ・ソックスって、まだアリのアイテムなの? JKマトモに見てないからよくわからん。

ぱんつ丸出しでハイ・キック、なんてポオズもキメられてあら素敵。演舞/演武風なポオジングもキマるし、やはり「Figma」はええのお。

これも多分、同じ作品の違うキャラ、出るんだよね? あー、てことは、私ソレも買う訳か。あははははははははははははは(乾いてるよー笑いが渇き切ってるよー)。

動かして遊べるフィギュア、としては相変わらずあまり不満もストレスもなく楽しめる。いい出来ですた。
富士フイルム インスタントカメラ instax mini7S チェキ・チョコ INS MINI 7S CH
B001AK1DOQ

どうやら「ほぼ日」でも販売する予定らしい。「ほぼ日手帳」に写真貼って楽しんでるひとも結構居るから、だとかで。

以前からそれとは関係なく欲しいかなあ、とぼんやり思ってはいたのだけれど、さてどうしたものか。コスト・パフォーマンスの点からいくと、決して安い訳ではないからなー。専用フィルムしか使えないポラロイドだし。でもその「ポラロイド」ってとこに惹かれてるんだよな。

ううむ。どうしたものか。

「ほぼ日」ではなく、こうしてあまぞんやら量販店でだって買えるから、何もそう今根詰めるよにして悩むこともないんだけど。

でもって、「どうせ写真そのものは大抵携帯で撮っちゃってるし、『チェキ』にこだわることもないっちゃあないよな」と思っていた私に更にこんなモノが提示されてしまい。
MPPMP-300BK Pivi MP-300 モバイルプリンター

MPPMP-300BK Pivi MP-300 モバイルプリンター
インスタックスデジタルフィルム(Pivi用)5パック MP F P5 N 富士フイルム Pivi専用フイルム(3パック品) MP F P3N FUJIFILM INSTAX 「Pivi」 CASE SOFT ソフトケース フジフイルム Pivi専用フイルム(10パック品) MP F P10N FUJIFILM AC-5VX ACアダプター 5V
これは携帯で撮影した写真やデジカメの写真を名刺サイズ(これは「チェキ」と同じ)のポラに好きな時に印刷出来るというヤツ。
あー、ね。これなら、ね。コンビニ行くのが面倒だ、とか、近くにコンビニねえよ、なひとには便利だわ。サイズがコンパクトだから持ち運べるし、その場で印刷、てのがいいんだろうし。私みたいに一度部屋に籠もると「あー外出たくねー」な人種にも持ってこいだ(笑)。

ただ、お値段がなかなかにお財布にキビシイ。「チェキ」もクラスが上になると高いけども。あーどうしたものか。

でも、こんだけ悩む、ちうことはなければなくてもいい、という(略)。

いや、欲しいんだけど。欲しいな、と感じてはいるんだけど。

何しろ稼ぎが少なくて。

それ言ったらシマイだが。まあ、もう少し考えてみようかな。あまぞんでも買えるし、量販店でも買える。「ほぼ日」でしか買えない訳ではないんだから。
何処か流離ってたみたいだな↓

二週間の休暇 (MouRa)
フジモト マサル
4062140659

……そんなにあったら嬉しいよね……。フフフ……(涙目)。

さて。20日連チャンで働き、よーやく実家に戻っている。もっとも、たったの2日だけれど。いや、来週4日取って、一応規定の休暇数はげっとちうことになるんだけれど。
ものっそい汗だくになって必死で働いてもお休みは月に6日間。8日間だとそのまま収入に響くからいいっちゃいいのか。ビミョー……。月給で働きてえ↓ 税金で持ってかれる金額も増えるがナー。

とにかく8月はひたすら「ほぼ日手帳2009」のことばかり考えていて、毎日新しい情報が更新されるのを待ちまくっていた。何処かの忠犬並に良い子で待っていたともさ。

2日しかないので、とりあえず家でだらだら……する筈だったんだが、何しろ不在中のメエルがわっさー溜まっていたり、チェックしなくてはいけないサイトがあったり(「ほぼ日」とか「ほぼ日」とか「ほぼ日」とか! ……携帯でもチェックしてはいたけど、流石に画像が小さいのでね↓ 多分、新機種に変更すればもう少し見易くなるんだろうけど)、注文しないといけないアレコレがあったりでやることだらけ。

あ、あと、郵便局行って入金済ませないといけないんだった! ひー、疲れてて行く気しねえ(涙)。職場のある所にだって郵便局くらいあるし、コンビニだってあるけど、……わざわざ外出する気力がないさー。コンビニならまだしも郵便局は特にだりー。おまけに、郵便局からしか使用出来ない払込用紙なもんだから。ふう。って、先方には平謝りなのですが。

とにかく前日はお風呂行ってお洗濯してる内に夜も更け、寝ようかなと思ったらこの暑がりの私すら寒さで眠れず朝を迎えてしまい、不眠のまま実家にGO。実家でぶらんち摂りつつ、母とあれこれ話した後昏睡よろしく眠り込む。

ああああああ起きるのが辛ええええええええええ!!

で、起きてからはまたひたすらメエルメエルメエルにサイト巡りに商品オーダー。

何処が休みだこの莫迦。

疲れに帰ってきてるがな↓ いやでも働いてる訳ではなく、ある意味上げ膳据え膳でラクさせてもらっていて、申し訳ないとも思ってはいるのだけれど。

そして「ほぼ日手帳2009」でハァハァゆってる私。周囲にユーザが居ないし、反応も頗る薄いので一緒にはしゃげるひとも居ない↓(だからって別に掲示板とか行ってまで語る程のこともまだ持ってないしねえ)

早く詳細もっと出してくれんかのう。つーか買うことにそこまで必死な私涙目。いやん。どんだけ手帳一冊に惑わされておるのか。でもまあ「何でも聞いてくれるトモダチみたいなもの」なので。……日々の呪詛が綴られてすっかりマイ・ですのーと状態だが。

新サイズ登場ですっかり一瞬舞い上がってしまったが、やはり文庫サイズので2冊目にしようかな、とか、何かもうひとりわふわふ主人の帰ってきたわんこの如くテンパっている。なんだソレ。休日なのか、ホントに。

あー明日は郵便局郵便局……(ぶつぶつ)。
時々気まぐれにあれこれ探していると引っかかってくる本。その中にまた「欲しい」を見つけてしまって、ウィッシュ・リストはいつもいつも溢れんばかりになっている。はーあ。

で、今回は洋書のレシピ集からいくつか。
The Confetti Cakes Cookbook: Spectacular Cookies, Cakes, and Cupcakes from New York City's Famed Bakery
The Confetti Cakes Cookbook: Spectacular Cookies, Cakes, and Cupcakes from New York City's Famed Bakery
これはすごい! この表紙のバッグがケエキだなんてー!! すげい! 何でも靴や実際にあるものをこんな風にリアルに美味しく作り上げてしまうらしい。
キワモノと言えばキワモノなんだけど、でも、綺麗な仕上がり! 日本の菓子職人さんの手による花々なんかも半端ない素晴らしい出来だけど、うぬう、欧米の人々もなかなかやるのう。
Cakes to Inspire & Desire
Lindy Smith
0715324977

これもまたエライことになってるケエキ。マジパン? シュガア・クラフト? どっちだろう。マジパンぽい気もするけど、……わからんなあ。

乙女ちっくでかなり華やかVv かなり甘そうに見える。どんな味がするのかなあ。市販のアメリカのケエキ・キットで作ったエンジェルズ・フードを食べたことがあるけど、とにかくヴァニラの香りの嘘くささが素晴らしくて(笑)、お店で焼いてつくっているケエキは一体どんな味なのかと今でも気になってる(アメリカ行った時、そう言えばケエキだのスウィーツ食べたりしに行かなかったなあ)。

何というか、見るために存在するかのようにハデハデな可愛らしさ。味もきっと美味なんだろうけど。

Romantic Cakes
Peggy Porschen
1844006298

今度はうって変わってシックな可愛らしさ。……良かった、極彩色以外のテイストもあって(アメリカは極彩色好きだよね……)。「ロマンティック・ケイクス」ですってよー。確かにろまんてぃっくだわ。

Betty Crocker Simply Dessert: 100 Recipes for the Way You Really Cook
Betty Crocker
0470278781

ある意味ベエシックなのだけれど、可愛らしさも失わないベティ・クロッカーのケエキ・レシピ集。表紙の配色がものっそい好み!(ええ、まあ、何だな、結局はそんな理由で「欲しい」になったりするんですよハイ)1ピースカヴァに登場しているこれは、何だろう、レア・チーズ・ケエキかな? クリィムはラズベリィとかそのテの色味っぽい。これはフツウに美味そうじゃない?(笑)私は不健康そうな極彩色も許容出来る人間だから平気なのかしら。
Betty Crocker's Cooky Book
Betty Crocker
0764566377

などと言いつつコレにはちとドギモ抜かれたがなー。
すげえ色だなオイ。添加物ばりばりですかそうですか(いや、意外に天然の……無理だわ、こんな色、どんな天然モンつかって出せるんだよ・笑)。
でもまあ可愛いのでアリです(キッパリ)。

ああ、こんな本ばっかり見ていたらケエキ食いたくなってきた! ヤバイ!
クオバディス 手帳/ダイアリー2009年 クラシックエグゼクティブ/クラブ アニスグリーン
B001HASJJQ

「ほぼ日手帳2009」のカヴァのラインナップ発表キター!

しかし。

何てこったい、2008年版と違って、一目惚れしちゃうようなのがひとつもない!!

去年選ぶ時は、本当に大変だった。「このピンクはいい! いやまて、こっちの方がいいか? ああこの紫もいいし、グリーンも捨てがたい! そしてこのまんごー! まんごー色たまらん!」とか、何だかんだとどれも気に入ってしまって、どれにしようか真剣に悩みまくったのだが。

今年は逆に、どれにしたらいいんだ、と途方に暮れてしまった↓

どれもそれぞれにそれなりの趣は、ある。勿論だけど。でも、去年迷わされ惑わされたような、「この色はこのニュアンスがキモだ!」とか「この色味のこのカンジがたまらん!」みたいな、ドキドキ+わくわく+うっきゃー(興奮状態)が、無い。

……これはもう消去法で選ぶしかない、ってことだな、……。

プリントは結構ツボなのも無いではなかったけれど、ちょっとでも価格を抑えたい私には痛い……ので、余程気に入らない限りは却下。定番のナイロン・カヴァから選ぶつもりではあった。
今年はマンゴー、黄色とオレンヂのまさに中間くらいのいい色合いで、それなら今年は赤系がいいなあ、なんて思っていたのだが。
今回のニュアンスは私の好みとはちょっとズレた。シックで深みのある赤、が良かったなー。今年のは何だか元気でヴィヴィッドだ。
ブルーはライトでポップな水色で、キライではないけど自分の中ではヨワい。グリーンは見事な抹茶色で、それは好きな色なんだけど何となくチガう。
紺や黒といった定番は何時でもいいし、今はそういった「定番」は特に欲しい気分ではない。

これは、……黄色しかない、かなあ……この中だと。どことなく諦め混じりでしげしげと携帯の画面を見つめる(実家ならPCから見られるけど今は寮なので携帯でアクセスするしかない・涙)。

あーもうどうしよう。でもって、「ほぼ日手帳のいとこ」はどーなの!?

もう少し、冷静になって考えてみねば。一年ずっと付き合うんだから何だかんだゆうても慎重に決めなくては。

ふおおおおおおおおう!(しょーもないことで悩む悩む~♪)
「人の動かし方」が上手な人・下手な人―この基本を身につければ、部下・上司・交渉先との人間関係が好転し、仕事の流れもうまくいく! (KOU BUSINESS)
国司 義彦
4769607423

今の職場では、自分より確実に立場が上のひと、というのが直では3人居る。私たち「下っ端」は彼等の指示に従って動くのが基本。勿論、そもそも言われずともやらなくてはならぬ仕事・やるべき作業というものがあるので、必ずしも指示・命令を待つだけではない。

3人の内で、どうにも苦手なひとが居る。彼はすぐに自分の仕事を手伝わせようとする。解らないでもないけれど、何しろ他の2人がひとりでもこなしている時に、自分なりに片づけねばならぬ仕事を持つ私たちにあれやこれやと頼むのだ。
「いや、今○○さんめっさ忙しいじゃん! 何でわざわざ呼んでまでやらせる!? ひとりでだって出来る仕事だよ、それ!」
というような状況をいつも目にしている。
でも、まだ、「おーい水玻、悪い、コレ手伝ってくれ!」などと言われる内はいい。今日などは困ってしまった。

「後ででいいから、××、やってくれるよな?」

その「××」、「後ででいい」作業などではなかった。何言ってんだよ、と思ってしまったために、思わず余計なことを口走ってしまった。
「いや、それって、後で、じゃなく今やらないと間に合わないことじゃないですか!」
私はそれまでやっていた作業を一時中断、放り出して言われた作業に専念することにした。その時の彼のイヤそうな顔は忘れられない。うう、迂闊! アタマん中で思うだけにしとけよ私のアホウ!

それにしたって。「やってくれるよな?」という馴れ合い的言い方はどうにかならんものか。きっぱりと「忙しいだろうけど××やってくれ」「××の方先にやれ」でいいではないか。「やってくれるよな?」という言い方が、……大変生意気だとわかっていても気に入らぬ。

横並びの関係ではない。年齢的にもキャリアとしても互いにそれぞれ就いている役割にしても、やはり基本「上下」の関係なのだ。ならば、「上から」でいいのだ。キレてる時なんぞはイライラした声で「水玻! こっち手伝ってくれよ!」なんて怒鳴るんだから。

「やってくれるよね?」というような言い方には「断れないでしょ? 断れる立場じゃないでしょ?」という気持が潜んでいるように感じる。それが何ともイヤなのだ。虫唾が走る。きっぱりと「指示」「命令」のカタチを取る方が余程スッキリしていていい。

私には私なりに仕事がある。でも、そうだとしても、全体として優先させねばならないことがあったら、私なら私、私と同じような立場のAさんなりBさんなりCさんなりの仕事があったとしても、「全体」を最優先させるだろう。そうしなくては立ちゆかないのだ。否やの言いようもない。なのに

「やってくれるよな?」

という期待と威圧を押しつけられるとどうもイヤな気分になる。その3人の内のトップは、そういうことはない。「水玻、○○やってくれ」、と実にスッキリ。ナンバー2は一応「今、手、空いてる?」と事前確認した後に仕事をどっさりくれる(ちなみにこのナンバー2は実は若いのだが実力と就労期間の関係でもうひとりより立場が上らしいことがぼんやり伺える。彼は私より若干年下だからか、時折「○○やってくれる?」と言うのだが、これに関しては気を遣わせて申し訳ないとさえ思う)。これはやりやすい。実に単純でよい。
やって欲しい・やらせたいこと、を明確にして、それを指示・命令としてくれるからだ。でも、最後のひとりは違う。いつも遠慮しているようでいて押しつけたがっているのが判る言い方をする。
おまけに、やって出来ぬ訳でも無さそうなのに、全力でやりたくないからか、体力気力を温存したいのか、何でもかんでも手伝わせたがる。ちょっとの工夫でどうにでもなるようなことですら。

私らはアンタをラクさせてやるための便利な手駒かね?

こういう不遜な考え方をするのは私だけなんだろう、と思っていたら、後に新しく加わった方も同じ不満を抱いていたようでほっとした。

「あのひとってさ、いっつもひとに仕事押し付けたがるよねー。こっちだって忙しいのに! ひとりでだって出来るじゃん! あたしも任された仕事のほかに△△とか■■とか、やることいっぱいなのに!」

同じように感じるひとがいて良かった。ううう。

たまたま手が空いていたから手伝った仕事を、次に手伝えなかったりした時も、あからさまに機嫌が悪くなるのが判るから困るし。いや、あの、私にも私の仕事あるんですよ。手が空いてたから昨日はやったけど、今日はそれどころじゃないの、見たら判るでしょうに、そんなイライラして見せんでも……とウンザリする。

それが無ければ、気のいいおっちゃんなんだけどなあ。頼むよ、おっちゃん……。
月光浴 Moonlight Shower [DVD]
石川賢治
B000G1VJZS

職場にはふたつ浴場があって、ひとつはごく普通の風呂場だが、もうひとつは露天風呂である。一方が混雑している時は、私はその露天風呂に逃げることにしている。時々誰かと一緒にならないでもないけれど、本当はもう灯りを落としてしまっているので、大抵は誰も入らない。闇夜に慣れてしまえば、別段気にならないので、私は比較的頻繁に利用する。

今夜はたまたま「あ、また混んでる。いっか、露天に逃げよう」と行っただけだったのだけれど、最高だった。雲ひとつなく、月の明かりで明るい夜だった。

疲れた後のお風呂は、ゆっくりのんびりしたい。そんな時に月の光まで浴びられるのだから、……最高の気分になる。

たまたま周囲を囲む木々に、大きな蜘蛛が大きな巣を張っており、それが月明かりに照らされて何処か神秘的だった。

お風呂で喧しく大声で話すひとが居るけれど、あれがどうにも苦手で、故に、こうしてひとりゆったり何も考えずに星空を眺めて湯に浸かれるのはとても気分がいい。

私の守護星は太陽だけれど(獅子座だから)、ものの本に拠れば生まれた日から言って、私は蟹座に近い獅子座だそうで、そうなると月もまた守護星になる(どうも私はどんな占いでも中庸というか、極端な要素、対立要素を持つものの中間、どちらの要素も持つ、というようなことを言われてしまう)。だから、月の光を浴びるのは、きっといいことだ。

そんなことを考えながら、ぼんやり空を見つめる。

今夜は月が白い。湿度が低いのだろうか。

さて、部屋に戻るとするか。

名残惜しさは出来るだけ考えないことにする。
携帯で配信されて、アプリがあれば読める小説サイトてえのがあるではないですか。たまに自分のブログやら携帯サイトの広告にあるので、好奇心で飛んでみることがあります。
で。未だ現役ではあるんだけど、自分にとっては懐かしい存在である作家さんの名前を見つけて、お試し版をちらりと読んでみたのでした。

今からもう何年前になるのかなあ。もう10年以上は昔だよなあ。少女小説……それよりもっと古い呼び方、ジュニア小説とでも言うべきかな、「コバルト」の亜流みたいな文庫レエベルがやたらと創刊された時期、というのがあった。メジャーな出版社の大半からレエベル出ました、くらいの勢いで。
もっとも、作家層が薄かったり「売れてるからウチも出してみるべ」くらいの気概で創刊した所は軒並みあっさり消えてゆき、今でも残っている所はやはりそれなりに作家が揃っていたり新人発掘・育成していたりで生存競争で熾烈な闘い繰り広げて訳ですが。

で。ある出版社からも、まあ、少女向けにレエベルが創刊された訳です。そこから、かつてある付録付の少女まんが雑誌の看板作家が小説家デビュウした。おまけにBLで。
元々そのテのが好きそうなひとではあったけれど、直球でやらかすとは思ってなかったから吃驚。当時はまだBLは日陰の存在で、あまり大々的に書店に並ぶジャンルではなかったけれど、このひとの作品なんかが売れまくった辺りから平積みでも見るようになった……ような気がする、かなあ。メディアミクスが得意な某社なんて、わざわざ少年向けと少女向けを一応分けてレエベル創刊して、少女向けでは思いっ切りBL作品(というか、オリジナルのJune作品。……何でわざわざ言い換えてんのか自分でもわかんねえや・笑)を出してはいて、表紙から思いっ切りソレとは判らないんだけど、イラストレエタアさんや作家さんから推測出来るようにはなってた。でも、おおっぴらでもなかった気がするし、知るヒトぞ知る的存在、と見なせたと思う。
でも、「ある付録付の少女まんが雑誌の看板作家」さんの作品は、もう、絵でみんな「判る」訳ですよ。内容ではなく、「あ、あのまんが家さんだあ!」と。だから、内容云々ではなく、まず絵で掴めたんだろうなあ、と。

「へー、小説かあ」とパラ見してみたら。正直、直視出来なかった。野郎の一人称で物語が進むのだけれど、「☆」だとかがナチュラルに文章に登場したり、その一人称語りの口調がリアルな男の子口調ではなく、何処までも見事な「女子の妄想の中にのみ生まれ生きる野郎」のソレで、何とも気色悪い。おまけに、文章に品が無い。更には描写に美学が感じられなくて、「中高生くらいの発情期なオトコノコが如何にも言ってそうだと妄想されているであろう男子としての生理」とカラミを描いてるもんだから、「艶っぽさ」も「色気」も無くてとにかく呆然とした。
おまけに、アナタ「SD」好きなんですね、はなるですかるはなですかなキャラのヴィジュアルに目がすわり出したしよー(笑)。

これ、編集者も読んだんだ? 読みやすいいい文章だなあ、とでも、思ったの? コレはアリですか? え、え、え、だって色気も何も無いじゃん! 単純過ぎる直球エロで、地の文はバカっぽいし、記号飛びまくりだし、ええええええええええ!? ……とひたすら悶絶した。

これはヒドイ。

もうそれしか感じなかったし思わなかった。もっと驚いたのは、これが人気を博して、後に十数冊だか二十冊近くまでシリィズが続いて敢行されたこと。
イラストは美麗と言えば美麗だけれど、エロ雑誌並に下品な構図が巻を追うごとに増加。でもって、あとがきには「私としてはかなり過激に描いてるつもりなんだけど、読者サマにはもっともっと過激にして欲しいって言われちゃってます~」みたいなことが描かれてあって尚仰天。

どんだけ持て余してんの、性欲。(笑)

性欲、というか、性的なモノに対する興味や好奇心か?

確かに、少女たちにもセクシュアルなものに対する興味は懇々と湧き出でる泉の如く潜んでいたし、それを満たしてくれるのに、あまりあからさまにエロであるとはオトナたちにバレにくかったナイスなメディアだっただろうとは思う。それに、オンナが客体化される訳ではないから、受け容れやすいのかもしれないし。男女モノだとナマナマしさもつきまとうだろうし、ちょっとだけありきたり。それに、同性同士って、ピュアなカンジするしぃ~みたいなー。

低年齢層にも、手を出しやすかった。カヴァのイラスト見る限りは、馴染みの男の子イラストだし。それ故に、まあ、読んでドキドキ出来ちゃったんだろうなあ、当時の若いおじょーちゃんたちは。
あのしょっぱい文章で、あまりに判りやすいえろえろしさで、隠微/淫靡・頽廃・耽美というものとはかけ離れた、楽しむためのぽるのぐらひーではなくヌくためのエロ雑誌のような安易さが。

で。それから幾星霜経て、久々にその方の文章を読む機会を得たのです。

流石に、ちょっとは読める文章になってた(笑)。語彙も増えたような気がするし。でも、何処かで見たくらいの、男性向け官能小説でも見られそうな隠語/淫語レヴェルなんだけど。でも、ずっとマシな印象。

その後、BL雑誌にまんがも執筆されたりなさってたなー。その時のキャラの台詞、

「どうだオレの大砲の味は!」

とか言うのは、私と友人を大爆笑させてくれたんだった。大砲て(笑)。ハラ捩れる!! 何処のおっさん向けエロかと思ったよ。

私や私と同世代のひとたちには、少なからずショックを与えてくれた。「え、今まで描いてきた作品て、イヤイヤ描いてたの!?(御本人がそういうニュアンスのおことばを発せられた、と伝わっている)」と愕然とさせられたもの。みんな読んでたんだから! 周りで彼女の作品をひとつも知らないコなんて皆無よ皆無! で、「んじゃあ何か、私たちが涙し感動したアレやソレも『描きたかった訳じゃないやい』な作品かい!」と思っちゃうじゃないのよ。どんなにBL好きなコでもその台詞だけは皆衝撃を受けたのだ。

えーと。
もう察しはついてらっしゃるでしょうが。この方のことです。
僕達の堕天使―泉君シリーズ〈3〉 (パレット文庫)
講談社KIDS宝箱 おはなしエネルギー(1) プリンセスコレクション 白の姫 黒の姫 (講談社KIDS宝箱―おはなしエネルギー)
講談社KIDS宝箱 おはなしエネルギー(1) プリンセスコレクション 白の姫 黒の姫 (講談社KIDS宝箱―おはなしエネルギー)
いつの間にこんな作品が上梓されていたのか! もう何でこれを見つけることが出来たのか憶えてないんだけど(いっつもそんなんやな↓)、偶然見つけて吃驚しちゃった。

ジュヴナイル系で、久美さんで高田さんイラスト。おお、何だかゴーカだ! 

おまけに「お姫サマ」モノよ。子供の頃って何であんな姫モノ童話好きだったんだろうなあ(私はベタに姫モノ童話好きだった。「白雪姫」、「シンデレラ」、「眠れる森の美女」、「ラプンツェル」etc.)。ドレス? やっぱドレス効果なの? 受動態のオンナばっかじゃないの、とか、そういうふぇみにずむちっくな視点は一切無く、強いて言えば「何故そんな罠に引っかかる!」とか「どうしてお前は禁忌を破るか!」とややおバカさ加減を嘆いてはいたか。

久美さんが描く「姫」なら、きっと能動的で行動的で快活さもある姫なんじゃなかろうか。ふふふふ。ただおとなしくてキレイで優しいだけのオヒメサマじゃなくてさ。

講談社KIDS宝箱 まんがエネルギー(1) プリンセスコレクション (講談社KIDS宝箱―まんがエネルギー)
高田 明美
4063796019

こんなのも出てた。こちらは、イラスト……まんがメイン、ということなの? 今日日まんがは差別なく扱われるのね、いいことだと思う反面、まんがというメディアでなくては触れない、というコもやはり居るのか、と思うとちょっと勝手に悲しくもなるぜ(児童文庫系、「コバルト」にはちと早いけど、かと言って童話や絵本では満足出来ない小学校中学年辺りが読みそうな創作系の表紙が見事にベッタベタのコミック系イラストだと何となく萎える私。まんが的イラストじゃないとウケないのかねえ……寂しいなー……)。

もとい。欲しいです。シリィズっぽいけど、これ以外の作品、まだ出てないみたいなんだよなあ。立ち消えになったりしないといいのだけれど。
「和」の行事えほん〈1〉春と夏の巻
高野 紀子
4751523910

帰省ラッシュ、いつ頃から始まるもんだっけ? 大抵はお盆合わせで帰省するんだろうけど。

さて、盆も2日目である。私の職場ではある意味書き入れ時であり、多忙である。今年は早い段階で、ある程度予測はしていた。

お盆の頃、というのは、「再会」の時でもある。離れ離れになった親戚同士のそれでもあり、違う地域で働く友人、互いに多忙で会えないひとたちとなんやかやと理由をつけて「会う」ことを楽しむ時期である。盆と正月はまさにそういう意味でも一括りに呼んでしまうものなのではなかろうか。

そして、その盆正月こそ、私の就いた職業にとっては書き入れ時なのである。余程のことが無い限り、休暇を取る、などというのはもってのほか。仲間に迷惑をかけることになるし、書き入れ時故に収入も多少はUPする。当然、事前に休みの申請をしたり、なんてことはしない。

正月、私は友人からの誘いを断らざるを得なかった。かなり無理をすれば会えなくもないのだが、……正直、「無理」してまで私に会いたい訳でも無かろう、友人たちにしてみても。「クルマを出して、アブラ代かけて迎えに行ってまで」、会いたい訳ではない、のだ。まあ、当然だと思う。

だから、「あ、お盆は、こりゃあ連絡すらナシ、と見たね」と思った。

実際、そうなった。

申し訳なさそうに断らせるのが気の毒だし、何だかこっちも申し訳ないし。

それが多分、友人たちの本音か建て前だ。私にしてみれば、連絡すらくれなくなったので、ふ、とこう思う。
「どうせ、来られないんだろうし、無理させることも出来なきゃ本人出来る訳でもないんだから、あえて連絡しないでおこ」
という思いの元に、「切り捨て」られたんだなあ、と。

来られないとわかっていても、誘うのは残酷だ。そういう考え方もあろう。でも、「来られないだろうとは予測出来てはいるけれど、でも、『会いたい』って気持は変わらずあるんだよ」と伝えたいキモチ、は無いことだけは確かではなかろうか。

優しさのつもりでやっていることが、時としてひとを突き放すことになるという事実には、目を背けておくに限る。だって、ラクだから。

もし、私なら。来られないとわかってる友人が居るとする。ふいに「○○しよう」と共通の友人同士で盛り上がって出来た企画があるとする。もしそうならば、……絶対に、来られない友人には伏せ続けて敢行するか(そして、絶対にバレないようにする。「完全犯罪」にすると決意するしかない)、告げて「一緒に行きたい、一緒に楽しみたいと本当に思ってる」ということを伝えることも含めて、来られないとわかっていても誘うかの、どちらかを選ぶ。

こんな風に、みんなで集まるのがわかってる人間に、連絡を敢えてせずにいることが優しさであると示すことは、今は考えないと思う。今後もとりあえず考えない。

優しさだと思ってすることが、必ずしも相手にそう受け取られるとは限らない。気遣いが相手の意志を阻んだり尊重しないことになる時だってある。心配が逆に遠ざける手立てになることを私は知っている。

結局、大事にしたいのは、相手の気持よりも、「ナニカあった時の自分」に起こったり生じたりするナニカ、なのだな、としみじみ思う。

勿論、友人たちの気持は「優しさ」なのだとはわかっている。でも、それを嬉しいとは感じていない自分も確かに居る。

今後、私に連絡が来ることは、無い。それだけは確実だろう。
「Pinky:st(ピンキーストリート)」、通常ライン第7期3人の予約が開始Vv 早速何の迷いも無く予約してまいりました。今回のは個人的に嬉しいというか期待しまくりのふぁっそんが多くて、ものすごく楽しみだ!
年々、洗練されていってるなー、と感心してしまう。最初はもっとシンプルで、ある意味ちょっと野暮ったさもあったんだけど。
ピンキーストリート 19
ピンキーストリート 19
顔パアツもいい! これはものっそいツボ! 可愛いわーVv カーキのショート丈コオトに、ボブ・ヘア。何となくなんだけど、私の中のたかはしみきさん(「こげぱん」等で知られるイラストレエタアさん。大好き♪)が自画像から言ってもこういうカンジなんだよなあ。

ピンキーストリート 20
ピンキーストリート 20
第7期どころかこれまでで最大のバクダンじゃねえのか、な「20」。何といういんぱくつ。おまけにパンクなふぁっそんだし。すげい! でも、パンク系のファッションなんかも登場してくれたのが嬉しいなー。あまりに「ごくフツウ」だけじゃサビシイもの(かといって、キャラのコスみたいにかっとび過ぎるのも困るんだが)。たまえもリサも越えた……!(「たまえ」も「リサ」も「ピンキー」の通常ラインのコ。どちらも仮称というか通り名みたいなものなんだけどこれで通ってる。割と個性的で好みが分かれるフェイス・デザインになっている。詳しくはぐぐってくれい)

ピンキーストリート 21
ピンキーストリート 21
大胆かつハデ目のウェイヴィ・ヘアにそばかす(!)。可愛いなー。これはまた曜名さん(私が応援しまくっているHQコミカライズのお仕事で主に頑張っていらっしゃるまんが家さん)の描かれる、ある雑誌編集部員「アンナ」に似てるような気がするのだが! 賛同者求む!(しかしぴんきーユーザとHQ読者はカブるのか?)

3体とも届くのが楽しみですVv でも、値上げはイタイなー。今まで¥700台だったのが、一気に¥1,000台に近づいちゃって(涙)。もう今後は値上がりする一方なんだろうなー……。原材料等の高騰ってヤツでしょうか。くううううう!
超冷感持続スカーフ MAGICOOL(マジクール)ネイビー DMCN01
B000GU6M60

8月1日付の記事にて「血の通る場所、特に項の辺りや頸動脈附近を冷やすと、多少涼感が得られる」、ということについて触れ、そのために自分なりにグッズを用意したことを書いたのであるが(そして、実は2年前もこのアイテムそのものについて記事にしたこともあった)、よる寝る時ばかりでなく、日中働いている時も、場所や状況故に必要以上に暑いので、とうとう購入を決意。実際に買ってみたのであった。

結論から行くと、まあ、何というか、……気休めくらいには、なる、かなあ、うん……。

中に高分子ジェルのシートが入っていて、水を含ませると何倍にも膨らんでむっちむちになる。この水を含ませむっちりになった部分が頸動脈附近に当たるよう、首に巻いて使用する。水分が気化することで涼感を得られるのだそうで、冷感が減ってきたらまた水に浸してやればいいらしい。

あまぞんのレビュウでは「首筋や衣服が濡れる」という意見もあったけれど、そこまでびっちょびちょにしなければ問題ナシ、というカンジであった。

実際に涼しいと感じるか、というと、……どうだろうなあ。でも、何となくだけれど、いつもよりは発汗が抑えられたような気がする。

洗って交換出来るように2枚げっと。とにかく使用する前は、ぺらっぺらなので、あまぞんからはメエル便で到着、あまりの薄さに受け取ってくれた職場の従業員が何ぞの書類に紛れ込ませてしまい、あまつさえ、会長夫人が不必要なナニカ――ゴミかと思って捨てようとしたという怖ろしいまでの薄さなので、注意されたし(そんな注意が必要なのは私の職場くらいだろうが!)。

で、そのぺらっぺらが見事にむっちむちになるから吃驚する。ゆっくり水に浸しつつ、中で偏らないようにカタチを整えながら準備せねばならない。

洗う時は手洗いのみ。洗剤もパスした方がいいらしいので、やはり清潔を保つならば使ったら洗って乾燥、を心懸け、数枚ローテで使うのがベタアであろう。
乾くと、また面白いくらいぺらっぺらに戻るので、洗濯ばさみも使わずに下げて干しておいたら、水気が完全に抜けた後、一反木綿よろしくへろん、と落ちてきた(笑)。

クーラー等による、劇的なまでの涼しさ、というものは、当然得られる訳ではない。言うなれば、路面に打ち水をすることで得られる自然な、そしてゆるやかな涼しさである。

でもまあ、冷房なんてものは一切無く、それどころか暖房完備みたいな職場においてはそれなりに役立ってくれる。人前でむき身で付けるのはちょっと憚られるなあ、やっぱり。ファッションも選ぶし(カジュアル、スポオツ系なら多分大丈夫。それこそ、野外活動やスポオツ観戦時だとかに重宝するような)。

マジでクールかは微妙だけど、それなりにくーるです。でも、涼しいだけで格好良くはねえ(笑)。
People Diary 2009 (Diary)
New Internationalist
190445691X

今日から少しずつ「ほぼ日」サイトにて「ほぼ日手帳2009」の詳細が明らかにされてゆくとのこと。今年のものから更に進化を遂げるらしいのだけれど、さて、どうなることやら……。

あーもう、小出しにしないでばーっと詳細を教えてくれようっ!!

もう買う、来年も使う、ということだけはがっつり決まっちゃってる私にはもどかしくてしょーがない。

とりあえずまず嬉しいことは、日曜始まりver.が販売決定になった、ということ、かなー。月曜始まりでも使えたけれど、マンスリィのペエジやカレンダアが、やっぱり一般的なカレンダアとの連動がさせられなくてちょっとだけ不便だったからなあ。予定を書き込もうとしても、いちいち見直したりして不便だった。どちらもそれぞれの利点や使うひとの好みが反映されるんだから、どちらも販売する、がいちばん良かったと思うんだけど、踏ん切りつくまで結構長かったみたいねえ。なんでだろ。それ程までに英断が必要であったのかー。

あとはナカミの変更というかリニュウアルのポイントと、カヴァの種類を早く見たいよ知りたいよ(泣)。
高田明美画集 GIRL'S MAGIC
高田明美画集 GIRL'S MAGIC
いつの間にか新しい画集が出ていて吃驚した。しかも、どうやら新作もあるらしい――「クリィミーマミ」の、だろうか。おそらく、少なくともこのカヴァは描き下ろした作品ではないかと思うのだけれど。

魔法少女モノ、私の世代だと主に「スタジオぴえろ」制作の作品を指した。「魔法の天使クリィミーマミ」、「魔法の妖精ペルシャ(何と「ペルシャがすき!」が原作で、アフリカ帰りの野生児が双子の兄弟の元にやってきて…という、本当の基本設定くらいしかカブっていなかった。「ペルシャ」である必要が感じられなかったなー)」、「魔法のスターマジカルエミ」、「魔法のアイドルパステルユーミ」辺り。特に大当たりしたのはやはり「マミ」だった。
これに先んじて「魔法のプリンセスミンキーモモ」、というのもあったか。いずれも魔法の力で大人(といっても大抵はティーンエイジャーなのだけれど。あ、「ユーミ」はもしかして例外だったっけか?)になり、正体を隠しつつ活躍するというもので、いわば女の子の夢を体現していた(まあ、大きいオトモダチ、殊に男性のハアトも鷲掴みにしたらしいけども)。

「マミ」は、優という小学生の女の子が変身して(それも、いきなりステエジ衣装になってた、確か・笑)、偶然芸能プロダクションの社長に見出されてアイドルとして成り行きと行きがかり上デビュウしてしまう、というハナシだった(何しろ私の住んでる地域ではまともに放映されなかったので、色々とウロオボエなのだ↓)。で、そのアイドルとしての「マミ」に、自分の憧れている男の子が恋しちゃうものだから、とても複雑な気分になってしまう、という王道。変身していきなりステエジ衣装、という以外にも、シュールな部分は多分に多い。ま、リアルなだけが良さに繋がる訳ではないけども。

私は多分、高田明美さんが関わっていなければ、それ程関心を持たなかったかもしれない。彼女のことは「うる星やつら」のキャラデザをしていたことから知った。でも、その時は原作至上主義のために、「高橋留美子氏が描いたラムだけがラムなんだ!」などと思っていて(今でも基本原作至上主義なんだけど)、受け付けなかったのだけれど、彼女なりの絵の素晴らしさが徐々にわかってからはファンに(これが転じて私の○○になることを、古い友人たちなら知っているんだった)。
ちゃんと、高田さんらしさがあって、でも高橋さんのラム(や他のキャラクタアたち)を咀嚼してあって、魅力的だったのだ。

オリジナルのキャラクタア・デザインをしたのは、これが最初……だったか。当時の私は現在のしょこたんが好きな作品のイラストを描くが如く、何も見ずともコスチュウムからヘア・スタイルから描くことが出来るくらい好きだった(何しろアニメのキャラのカナシサは着た切り雀であることだしね。ちゃんと着替えることがあるキャラは今でも珍しいくらいだもの)。

それからもう何年経ったんだろう。うわーうわーうわー。でも、こうして何度も何度もイラスト集が、それもマミのイラストも含めたものが出されるんだからスゴイ。

去年はDVDのメモリアルBOXが出ていたらしい。知らなかった(涙)。悔しいよー(でも買えないよー↓)。
魔法の天使クリィミーマミ DVDメモリアルボックス
魔法の天使クリィミーマミ DVDメモリアルボックス


最近の作画のクオリティを知っていると、確かに絵や表現は古さを感じさせるだろうと思う。でも、色褪せないものが、ちゃんと残ってるだろうとも確信している。
だって、もうとんでもなく時が経っているのに、こうしてまた世に送られてるんだもの。

まさに、永遠のワンス・モア。

「永遠のワンス・モア」は本編とは別につくられた長篇のひとつのタイトル。
ノート&ダイアリースタイルブック2 (エイムック 1440)
ノート&ダイアリースタイルブック2 (エイムック 1440)
キター♪ キタキタキターッVv やっと「ほぼ日」サイトで「ほぼ日手帳2009」に関する言及が来たー! 長かったよー。9月の1日から発売されるんだから、そろそろ出るよね、何時出てくるの、てゆーか今年はどうなってんのー! ……と、たかが手帳一冊に気を揉みまくっていたのだが、ようやく今後に関してのアナウンスがあった。

8月11日以降情報が少しずつ開示されるとのこと。何やら今年はこれまでとはまた違うココロミがありそうなことはわかるけど、……「いとこ」? これはアレか、サイズ違いか何かか!?

何やらデザイナアさんに依頼して、これまでの手帳の更なる見直しをする、らしいんだけど、……どうなるんだろう? 改善はされても改悪、ってことにはならないとは思うけど。……思うけど。……安西先生、思いたいです……。

とにかく、携帯からぜいはあ言いながら毎日「ほぼ日」サイトをチェックしなくては! 

でも、去年はいくら携帯から「ほぼ日」にアクセスしようとしても、販売ペエジくらいしか見られなかった気がするんだけど、今年はどうしてサイトも見られるよーになったんだろう? 私が去年気づかなかっただけなのか??

まあいい。とにかく情報かもーん! だ。あれか? 「全裸待機」してろってこと?(しないけど)

ああ、今年はどんなカヴァのラインナップなんだろう♪ あと、オプションがどうなるかも楽しみだなー。もうひとり盛り上がる私。手帳一冊でここまで盛り上がれる自分がセツナイ↓

一目惚れで決めちゃえるよなナイスな色があるといーなー。来年は赤系のナイロンがいいんだけど、好みの赤が出るかどうか……。

ああ、あと少し待てと言うのね。くっそー!
京都的デートマニュアル (らくたび文庫 No. 5)
京都的デートマニュアル (らくたび文庫 No. 5)
「らくたび文庫」もようやく5冊目。まだまだ先は長いぜ↓

その5冊目は、あらゆる意味で私にとっては活用度が低い内容とテエマなのであった。だって

「デートマニュアル」

ですよ。デエトどころじゃないでしょうアンタ、な私には無用の長物。おまけに「京都」。行けねえ。金銭的にも時間的にも無理。

まあ、だからこその「誌上」疑似体験が楽しめる「本」というメディアでもあるのですが。

基本、女の子視点的だと思う。「カレと行ってみたいなーVv」とか「これおいしそー♪」なお店やポイントをあれこれ多岐に渡って紹介している気がする。その分、男子にとってもまさにマニュアルとして役立ってくれそうでもあります。一緒にきゃっきゃしながらガイドブック的に見るもよし、前日までの計画練り練りに活用するもよし。
「○○、こーゆーの楽しんでくれっかなー」「これあいつ好きそーやん」と男の子があれこれチェックしてる姿にしろ、女の子が「あたしはコレアリなんだけど、カレ的にはどーよ?」と考えつつ提案するか悩む姿にしろ、想像するとカワイイなあ、とちょっとほんわりもする。

美味しいお店、カワイイグッズのお店、チープに楽しめるものからちょっとシックなオトナテイストのお店まで様々。体験系スポットなんかもあって、マンネリを打破せよと力強いプッシュまで(笑)。

そして。巻末近く、ちょっとあだるちーなペエジが。京都のオススメカップルズ・ホテル(らぶほじゃないんですねかっぷるずほてるなんですねなんだからっふるずほてるおもいだしますむらかみりゅー)の紹介ペエジがあるのです。

……私、らぶ……いや、カップルズ・ホテル、というものを利用したことが御座いません。一般的なホテルかビジネス・ホテルしか利用したことない。何かこう、ヤるための場所にヤりに行くというのがどうもこう気が殺がれるというか、燃えないというか。って何言ってんの?

もとーい! 

そんな訳で、全く詳しい訳ではないのですが、それでも「うわー、進化してんのねー」といいうのは解る。
とてもおしゃれで、「楽しくおしゃれに一緒に過ごす空間」としてデザインされていて、アミューズメント性も高い、「そういう場所」としてではなく行ってみたいな、と思わせるホテルばかりをチョイスしてある。おっきなスクリーンがあるから、お気にDVD持ち込んでゆっくりベッドに並んで鑑賞、なんてのも悪くないだろうし(家で出来るやろが、とか言っちゃダメ)。休憩・宿泊それぞれの料金も明示してある(でも、それ見てると尚更そこまで出す気があるのなら、フツウのしてぃ・ほてるでも良いのでは? と一瞬思ったり……・笑)。

中には女性客オンリィでも泊まれる所が結構あって、友人同士、あるいは女の子同士のカップルでも気軽に入れそうで素敵です。……男の子同士はやっぱダメなんか(笑)。ええやん。おしゃれなホテルでちちくり合いたい野郎カップルにも開放してあげて~♪(って、それは野郎カップルたちがそもそも入りにくいか↓)

とまあ、色々楽しい内容になってました。デエトにも京都にも縁遠いけど、これはこれでアリです。それこそ、同性の友人とのデエトにも大いに活用出来ると思う。

あー京都いいなー京都。彼と来い? だから居ねえよ!
figma.BP コードギアス 反逆のルルーシュ R2 枢木スザク
figma.BP コードギアス 反逆のルルーシュ R2 枢木スザク
ファンでもなければ、作品をマトモに観たこともないのに、以前購入した「Figma」のルルーシュ。そいつの親友にして敵対することになってしまったとかいうスザクさんが、イヴェント限定で販売されることに。

これにはヘコみましたよ。知らないけど、ルルーシュ単体だけつーのがサビシくて、「折角なら女性キャラとかも出して、色々楽しませてよう」と、知りもしないのに切望していたら、とりあえず「スザク」は出る、と。それそものは喜ばしかったのに、アンタ、イヴェント限定かい! と息巻いていたら、何と通販でも売ってやんよ! とのこと。

申し込んじゃった……。

送料やら何やらでたっかいのに! ……でも、イヴェントに行くための交通費を思えば、まあ、うん、易いよね(己に言い聞かせる)。

CLAMP原案によるにょろにょろとしたあの頭身を綺麗に表現してあるし、小さいのに画像で見る限りは顔立ちもイイカンジ。アイ・ペイントなんかも綺麗だよなー。

これで女性キャラも居たらもっと華やぐのにい! 野郎ふたり並べてるだけじゃサビシイではないか(……カヲルとシンジのペアで売られたフィギュア思い出しちゃった……↓)。

届くのは11月頃、だったっけか。とりあえずさっくりと申し込みは済ませてきた。

何やってんだろうねえ、とか、我に返ると負けだよね。

到着を楽しみに待つ。うむ。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版
三石琴乃, 林原めぐみ, 立木文彦, 緒方恵美, 摩砂雪
B0012V4WSM

仕事が怖ろしく忙しいのに何でこんな精神的にも肉体的にも疲弊しそうなものを観てしまうのか。

あいしてるからです。

……などと言いつつ、購入して以来、今日初めてちゃんと開封して鑑賞したんだが。

EVAはいいねえ。リリンが生み出した(略)。

映画館で二度観た。二度観てもそれぞれに燃えた。そして、DVDで観てもやはり燃える。「リビルド」であるのに、完全に新作でもある。着地点がオリジナルと同じになるのかそうでないのかは不明ではあるが、それでも途中までの物語の骨子は極端に変わることはないだろうと推察すれば、……知っていてもこれだけ面白いという事実に愕然としてしまう。

もう、10年も経過していた、という事実にも驚くばかり。「2015年」なんてその内アッサリ到来しちゃうんだよなあ……。いやはや。

ポータブルのプレイヤアで再生したので、折角の迫力あるシーンも小さな画面でしか観られないのだが、物語として燃えられるので無問題。っかー、たまんねえなあ!

ホントに、CGでつくられたNERVの司令塔のあれこれだとか、進化しまくった使徒の描写だとか、もう感激しまくってしまいそうに格好いい。安直なデジタルの利用ではなく、必然として、魅せるためのCG。

人物の内面描写に関して、以前より詳細になった部分と敢えて省かれた部分とは何度観ても深読みさせられる。ああ、いいなー。面白いよー!!

特装版を購入したので、ランダムで封入されたフィルムを手に入れられた訳だが、私が入手出来たのはNERVの司令塔をロングで、という何とも微妙なシーン。ああ、せめて使徒使徒ぴっちゃんくらいは欲しかった。綾波を望むのはあまりに不遜な願いであったとしても!

EDの宇多田ヒカルちゃんの「Beautiful World」、見終わってからしみじみ聴くととにかくいい。戦慄が美しい。高橋洋子嬢の歌を楽しみにしていたけれど、ホントに、新世紀の「EVA」には、この曲で良かったと思う。

サントラと関連本が欲しいよう(泣)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序―ENTRY FILE 1
ニュータイプ
4048541196

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 : 序 全記録全集 (書籍)
4903713172

Shiro SAGISU Music from“EVANGELION:1.0 YOU ARE(NOT)ALONE”
鷺巣詩郎 サントラ
B000UAL91E

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウンドトラック
サントラ
B0016HCF86
らくウマ!どんぶりレシピ
たかはし みき
4847017382

ここのところばんばん新刊が出続けるたかはしみきさん。おっかけるのは大変だけど、でも、買う! 彼女の描く絵の持つあたたかみと丁寧さがとてもとても好き。などと言いつつ、なかなか出てすぐに買えなかったりで大変なのだが↓

「こげぱん」で認知されたからか、レシピもののオファーを受けられるらしきことが多いのだけれど、どれも見て楽しめて実用性もあって、楽しい仕上がりなのがいい。それと、……庶民的なんだよな。お高くとまったような料理ではなくて、生活感のある、気軽に美味しく食べられるものばかりなのがいいのだ♪

そして、そんな「庶民性」ばりばりなテエマでまた登場。今回は、おーる・どんぶりもの! です。いいよいいよーVv 
「どんな組み合わせであれ、ごはんに何かをのせればそれはもう”どんぶり”」
というゆるめの視点で考案されたあれこれが。とにかく種類豊富でびっくりしてしまう。

レシピは基本文字のみで、時々手順等がイラストで描写されます。メインはやはり完成図。でも、調理上のポイントや味わった感想を述べたりするカット、アイディアのお裾分け部分が可愛く丁寧なイラストで描写されてます。解説役としてたかはしさん御本人、アシスタントとしてワワンちゃんとネネコさんという2匹…ふたり? が一緒に御登場。

ごはんに乗せて、ぱくぱくと。気負わず作れて気軽に食べられるあれこれがたっぷり。
大きく4章に分かれています。
 1:簡単どんぶり

 2:ヘルシーどんぶり

 3:ボリュームどんぶり

 4:各国どんぶり

基本、どのレシピを極端に凝った調理をする訳ではないので(ものによっては、調理法は凝っていないけれどそれなりに材料を揃えることが必要なものもアリ)、どれもある意味「簡単で手軽などんぶりレシピ」と言っていいかと思うんだけど、「1」の「簡単どんぶり」では、和えるだけ、混ぜるだけで済むものをのせる、のがメイン。卵や納豆、とろろといったものにどんどん合う材料をほぼ足してゆく「だけ」で完成。急いでいるけど美味しく食べたい時にはもってこい。

「2」の「ヘルシー」は読んで字の如く、野菜メイン。キャベツや茄子、豆腐にきのこを使ったもの。わざわざ買い出しに行かずとも、あり合わせの野菜をうまく使って、比較的あっさりめのどんぶりが楽しめそう。

「3」もやはり想像に難くなく、肉やシーフードをメインに据えたもの。がっつり食べたい時にぴったり。定番の牛丼やカツ丼なんかもある。

「4」の「各国どんぶり」とは、ビビンバやトムヤムクンをアレンヂしてどんぶりに仕立てたもの。ハワイのロコモコもあれば、何とパエリアもある!(パエリアは勿論? フライパンで手軽に作れる簡単ver.)

確かに、ゆる~い視点で考えれば、この本にある以上の、何種類ものレシピが生み出せそう。どれもイラスト効果も相俟って、食べてみたくなることウケアイ。「どんぶり」ものではあるけれど、雑炊もちらほらと見かけます。
コラムでスウプや付け合わせの簡単惣菜のレシピあって、まさに「箸休め」なペエジもアリ。

一冊で120種ものレシピが掲載されてます。レシピそのものはたかはしさんの考案ではなく、フードコ・オディネイタアさんによるもの。皆さんで試作・試食を重ねて作られたものでもあるので、簡単お手軽とは言えきっと楽しめる美味しいものが出来る筈Vv

眺めているだけでもわくわくする、「本」としても楽しいレシピ。食べることが好きなひとへのプレゼントにも出来ると思う。活用度も高そうだし。料理ベタや男性にもイケるぞ、きっと。「あ、何だ、こんな簡単にんまいもんつくれんのね」というとっかかりになるんじゃなかろーか。

ひとり暮らし、御夫婦、あるいは御家族で楽しめます。ホントに。
熱さまやわらかアイス枕
B000FQTTXS

毎日毎日無駄に暑い。畜生。誰のせいなんだ。とにかく暑い。寝苦しい。小さな小さな換気扇と、クーラーならぬ壁取り付けの扇風機と、引き戸ではない開閉式の窓で、このクソ暑い日々を乗り切れと?

いいよね、社長一家はクーラーあってさ。職場に居てもクーラー効いてるから長袖で防備だよね。……私なんて年中夏物着てないと耐えられないけど(怒)。

そういう訳で、今年もぼやいているのである。毎日毎日イライライライライライライライラするわ!(このイライラ、という文字の連なりがまたイライラする↓)

そして、日本中誰もがやはり暑いようで、TVや新聞等でどうしたら涼感を得られるか、熱帯夜を凌げるか、そういった内容の記事や番組内でのコオナアを見かける。
昔ながらの暮らしの知恵(庭や道路に水を撒く等)、クーラーの賢い利用法(温度は極端に低く設定しない等)、加えて今年よく目にしたものは、「冷感グッズ」であった。

何でも、項の辺りを冷やすと、多少暑さが和らぐのだそーである。血の通り道を冷やしてあげると体温の上昇がちょっと防げるらしい。

それ、寝る時も応用出来る、んだよね?

思えば昔、「アイスノン」とゆーものがあった(今もあるけど)。あのテのを利用すれば、この灼熱地獄の寮生活も少しは涼しくなるんじゃないのか?

そこでふと思い出す。そりゃ「アイスノン」とか、「熱さまシート」とか買うのもいいけど、ちょっと高いな、と思ってどうしようか悩んだんだよな。……100均で見かけた、薄っぺらだけど繰り返し使えるジェル・シート、あれ使えるんじゃない?

ここまで来て、なおまだ価格にこだわる低所得者のカナシサよ(哀)。

実家に一時帰省した時に、張り切って、でもひとつだけ購入した。そもそもは、500mlペットボトルの保冷に適したものだそうで、ちょうど巻き付けられるくらいの大きさ。これを冷凍庫でかっちかちに冷やして、寝る時に枕に敷いたら良いのでは、と思ったのだ。

でも、一枚しか買わないのね。

だって、もしそれ程イイもんじゃなかったらいっぱいあっても損じゃん。

ああどこまでも価格にこだわる低所得者の(略)。

試してみたら、まずまずだった。

勿論、暑い。でも、確かに首筋を冷やすと、少し寝苦しさが減る、ような気がする。いやしかしこの「気がする」とゆーのが大事なの! 「気がする」でやり過ごせるならいいじゃないの!

日々窓は開けっぱ。閉めたりなどしない! 風はガンガン部屋に入れるんじゃ!(風だけは割合アホみたいに吹いてくれる)窓がばんばん閉まったりするが、そんなものは窓枠と窓の間に障害物(段ボールとか)を挟んでどうにかする(ビンボくさいとか言っちゃダメ。そもそもリクライニング風に開きたい所で固定出来ない仕様なんだもの↓)。

ああ、夜が、少しだけマシになったよ(涙)。¥100(正しくは¥105!)で目の前が暗闇から黄昏れくらいにはランク・アップした!(それホントにしてるって言えるのか?)

つー訳で今度帰ったら、もうひとつ買ってくるわ。暑いだけに冷凍庫入れといても夜までに凍ってない時あるんだもー。いやん。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。