上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すしジャン!ゲーム
B000T8CMHC

先日「チロルジャン」を検索したら、こんなものまで発見。おおおおおおおおおう、これもまた可愛い! 和のテイストですね! 海外向けのお土産にも良さそうではないか。
レビュウを見たら、基本2つずつ集める、というのがもっともシンプルかつ基本的な役のようで、それなら自分で英語の解説書作ってちゃちゃっと同封すれば海外の友人なんかにあげても遊んでもらえそう(そして人間というのは進化するものなので、勝手にルールもつくって勝手に楽しんでくれる可能性も大だ・笑)。いいなーこれも。可愛いわー。

チロルカードジャン・トランプ
B001STB53S

これは「チロルジャン」のカアド・ゲエムver.でしょうか。場所を取らないし価格控えめな分、気軽に買えそうなのはこっちかな。ルールはもしかして「UNO」っぽいんだろうか(商品頁を敢えて見ていないのでルールや商品説明等は未チェック)。

アクション ピザーラ ドキドキトッピング
B000SKJ1G6

食い物ネタ大好きな私のためにつくったんかゆーイキオイでこれまで検索に引っかかってきた(笑)。いや確かにツボだけれども。
……あまぞんにどんだけ趣味を把握されてるんだよ↓

ピザのトッピングでドキドキ……ということは、置く場所に偏りがあると崩れちゃうとか、そういうヤツか?(樹にお猿を引っかけるとかワイングラスを並べていく、とかの系統の)それとも懐かしの「パーフェクション」風味?(決まった場所に決まったものを制限時間内に置かないとアイテムが爆発〈笑〉する)

いずれにしても可愛い。究極、プレイ出来なくても眺めているだけでも嬉しくなれるわ、個人的には。
スポンサーサイト
コミックカレンダー2009 銀魂
コミックカレンダー2009 銀魂
昨年に引き続き、今年も購入。

昨年購入分、つまり今年のカレンダアは、結局ただの一度も、ただの一枚も貼る・飾ることなく終わった。だって、本当のポスタア形式なんだよ? スパイラル・リングなんかでまとめられてないものだから、画鋲やテエプで留めなくちゃ貼れないんだもの、……ヲタクにそんなこと出来るかああああああああああっ!(保存用と使用用と予備、計3点買わない時点でヲタク失格、とも言うが)

カラアが楽しめてデカイ絵で、という意味で軍配が上がるのが2008年版。この2009年版は、カラアの枚数と個人的な使い勝手、という点ではやや微妙なシロモノ。

週めくりなのです。3ヶ月に1枚カラア・イラストで上のように3ヶ月分のブロック・カレンダアがあるけれど、それ以外は週毎でモノクロイラスト。これまで表紙を飾ってきたイラストが新旧問わず登場するので、空知んたまの絵を楽しめる、という意味では嬉しいものではあるんだけど。

私、空知んたまのカラア、好きなんだけどなあ。色のバランスとか、綺麗じゃん。さりげなく巧いじゃん。多色使いでもあまり汚く見えなくていいと思うんだけどなー。

で。カラアなんだけど、銀時は当然として、土方(と沖田)もまあお約束でいいとして、……高杉は個人的にはそれ程燃えるもんが無いんですが(はっはっは)。万事屋メンバアとかがイイカンジで切り捨てられちゃっててカナシイ。高杉キライではないけどさあ。あまり腐じゃないからかしら。
土方と沖田、じゃなく、近藤とザキも入れての4人とかのが嬉しかったのう。土方はやや別格として、私は「真選組」という単位で好きだから(高杉より近藤のが余程好きだ・笑)。 

カラア少な目、週めくり、ちょっとそこだけが寂しいけれど、イラストはとにかくふんだんに見られるので、2009年版はちゃんと飾っておきます。

何か今年は週めくりを手に入れることが多いなあ。うーむ。
チロルジャン
B001AS8TGI

こーれーはー!! 何という可愛らしさ!

かなり大昔、「ドンジャラ」なる子供向けというかファミリィ向けの麻雀に似たゲエムがあったのですが、これも似たよーなものでしょーか。

チロルで麻雀! 可愛いなーコレ! アイディアは至極単純だけれど、ずっとありそうで無かったものですな。多分、ルールなんかも簡略化されていて、もっと分かり易くてそれこそ家族で出来るようなゲームではないかと予想。
自分の好きなチョコを集めるのに走る、とか、彩りで揃える、とか、マニアックな上がり方とかがそれぞれにあって、攻防を繰り広げるのであろう(笑)。

ただそのままテエブルに並べておいても可愛いなあと思うのですが。チェス・セットをそのまま出しておくのと同じ感覚で(笑)。

欲しいなー。……でも、やはりゲエムならやってナンボ、一緒にプレイして楽しみたいものだけれど、如何せんそんなのに付き合ってくれる友人が居ない↓(居たとしても、今は状況が許さないな↓)
ラッシュ みつばちマーチ(100g)

B000VYSMP0

関連商品
ラッシュ ブラジル娘の唄(100g)
ラッシュ ロックスター(100g)
ラッシュ ボーノボーノ(100g)
ラッシュ ボヘミアン(100g)
ラッシュ 天使の優しさ(150g)
ようやく行ける範囲に店舗が出来た。……ので、行ってきた。「LUSH」。ロンドン発のハンドメイド・コスメ・メエカア。

商品そのものは友人からのプレゼントで使ったことがあったのだけれど(ココナツとヴァニラの香りがえらいこと強いジェルっぽいトリートメント剤のようなものと、洗顔用のクリィム――クリィム、というほどなめらかではなかったけど。粉末とクリィムの中間みたいな、ざりっとしたテクスチュア)、通販で買うのは何だか悔しく(えー)、試してみたいものがそこそこあったのに買ったことはなかった。
そこに実店舗ですよ。ありがてー。サンプルも直接自分の目と手で試せるからいいよなー。

しかし。田舎故のカナシサか、えらいこと混んでいて、レヂが長蛇の列。店舗もこぢんまりとしたものだったので尚更すごいことに。店員さんもオープンしたて故に多分全員で接客に臨んでいたのではないかと思われ、面積の割に人数が多い。加えて殺到した客の山。男性も負けじと入店していて、何だか微笑ましかったけれど、女性客はもう狩りモオドなので皆眼が爛々と輝いていた(笑)。

元々海外のハンドメイド・ソオプが好きだったり興味があったりだったので(色々とネット上でハンドメイド・ソオパアを探し出したり、情報交換している掲示板を覗いたりしてピックアップしてある)、一度は使ってみたかったのだ♪

量り売りで行こうかなあとも思ったけれど、人出の多さにやや疲れてしまい、「ま、それは今度だね」と諦める(さ、財布の中身のせいだったなんて訳じゃ、なっ、ないんだからねっ!!)。
試すのにちょーど良さそうなのがあった。

ソープ・ミルフィーユ。3種の定番ソオプが重ねられて売られていたので、それをチョイス。
みつばちマーチ、ロックスター、ミルキーバーの3つ。
大きさも100gくらいはありそうだったし、まずまずの価格だったから、いっかな、と(実は量り売りで3種買った方が安くついたかも、とちらりと思わないでもなかったが・笑)。

これは、荒みがちな寮生活で使うつもりなので、とりあえず家には置いておかないつもりでいる。でもなー、寮生活中のお風呂って、色んなひとと一緒になるから、結局は落ち着かないんだよなー↓ いや、でも、うん、わくわくするわ。早く使ってみたいVv どれから使おうか迷っちゃう~♪
In Red (イン レッド) 2008年 11月号 [雑誌]
B001GA8E1A

最近、雑誌に付録が付くことが多い。一時期の韓国のようだ(かつてニュウスで観たのだが、一時期の韓国は女性誌に付録を付けることが流行り、各誌こぞって様々なものを付けていたらしい。印象に残ったのは折り畳み傘だったなあ。もう雑誌以上の厚さになってたりするのがザラだった)。勿論、以前からそれなりに付録付は見かけたけれど、今年は付いてない雑誌と号を見つける方が珍しいくらいの勢いで競い合って付いてくる。競争(?)のおかげか、お値段の割に良さそうなものが多く、先日も買ったこともないファッション誌を、付録目当てで買った。……というか、もう雑誌の方がおまけみたいなもんだった。……あまりに読むとこ無くて。

で。今回もやらかしたのだ。先月号にはエコなMy箸が付録として付いてきていて、友人がそれに魅了され、結局買ってしまった(そして、雑誌はまだ目を通して無いらしい・笑)。今月はバッグ。ひょっとしたら、暫定一位のデカさかもしれない。それに惹かれて購入。

ドラム型のボストン・バッグが付録。ナイロン製、かな。かなりカシャカシャと擦れ合うと音がする。そもそもは付録だし、折り畳んで付けられるくらいのものな訳で、まあ、素材としてはこんなものだろうなあ、と。でも、実は勝手にもう少しなめらかで厚みのある素材を期待していたというか、そういうヤツだろう、なんて思い込んでいた。ははは。

スゴイのはやはりサイズだった。横45センチもあるのよ!? マチも18センチはある。高さはそれ程でもないけれど、とにかくかなりモノが入りそう。日帰り旅行くらいはちょろいと思う。旅慣れた、荷物を厳選かつコンパクトに出来るひとなら一泊旅行も行けそうなくらい。私は持ち歩くものが多いから、大きめのバッグがいつも必要なんだけど、これならかなりイケそうでありがたい。

中にはないけれど、外側一ヶ所ポケットアリ。で、最長86センチに出来るショルダー用のベルト付。素材の安っぽさが無ければ、かなりイイカンジ。いや、値段からすれば相当イイカンジではあるんだけど。
「ダ○ソー」商品のやや高めのよりはいいような(比較対象物、それはちょっとどうなのよ↓)。

とにかく大きめなのが嬉しいVv

問題は、……持って歩くにはちょっと勇気が要るかなあ、ということ、かな。パターンが個性的だし、まあ、その、……付録だからね。「ミスド」でバッグもらって使うのが平気ならぐだぐだ言うなよ、てなものですが。

ちなみに、ざっとですがおまけ…いや雑誌本体、目は通しました。以前買った雑誌よりはマシだったけど、発行してる会社が同じだとは知らなかった(笑)。前買ったのはとにかく「読む」なんて言えるシロモノではなくて、ひたすらアイテム紹介やコオディネイト案の提示が延々と続くだけなので、正直ファッションに血道を上げるタイプではない私には苦痛な内容であった。もう少し「読める」ものだと思っていたけれど、「目で見る情報量」にこだわってるんだと思う、「(文章による)記事」てのは皆無に等しかったからなー。

これは流石に読者の対象が30代女性を想定してるものなので、もう少し落ち着いた印象があって、広告も上品、誌面も見易かった。……でも、付録なかったら一生買ってないな、と思った↓

当分、この「付録で雑誌を買ってしまう」をやらかしそうでコワイです。

今回のバッグは少し寝かせてから使おうかなー。やや撥水性ありそうなので、これからの季節には重宝するかもしれない♪
ああ、せめてもう少し厚みがあってカシャつきの少ない素材だったらー!(贅沢)
フェルラーベン FR23510 カンケンバッグ 41 ダークブラウン
B0018NKIOQ

我ながら学習能力の無さに呆れるというか、またしても欲しいバッグを見つけてしまった。北欧はスウェーデンの老舗「フェールラーベン(北極ギツネの意。同時にアウトドア好きのヒトのこともそう言うようだ)」の「カンケンバッグ」。デイパックの元祖と言われたりもしているらしい。

彼の地では小学生がランドセルとして使ったりと日常に根づいたものだそうで、素材の丈夫さもあり、大切に使っていればかなり長持ちする模様。カラー展開も豊富で、色んな色があってついつい何個も欲しくなってしまいそうなんだが、定番なカンジのこのダーブラとか、ミリタリィなテイストのグリーンとかが気になっている(ピンクとかも可愛いんだけど)。

ミニサイズ、ラージサイズにこの定番サイズと3つあって、性別年齢関係なく使える模様(この定番サイズも、それこそ子供たちが背負っても違和感ないし、大人の男性でもイケる)。それなりの容量もあるし(でも、16リッターと言われても具体的にどれくらいかが想像出来ねえ・笑)。

ビニロン製ってことだけど、……ビニロンて日本生まれ、なのか? なんか偶々「ビニロン製って言うけど、どんな素材よ?」と思って検索したらそのよーな記事を見た。作業着なんかによく使われてる、とも。……ということは、テカリのあるつるんとした手触りではなく、自衛隊員さんが持つリュックとかみたいな質感か?(……分かりにくいか↓ でも以前自衛隊で小さいウエスト・ポーチ的なものを買ったことがあって、それが真っ先に浮かんだ。ちなみにものっそい小さい。入るのは、……弾丸とかですか、と思ったりした↓)こう、使い込んでいくとくったりしていくカンジ(で、これも調べたら、そのくったりしていくのが「味わい」になる、ということみたい)。

ほうほうほう。それはそれで悪くはない、かな。キライではない。……でも、撥水性は無さそうで、そこのところがちょっと不安(背負うことも出来るバッグで、これは生地が呼吸するから長く身体に触れていてもムレなくて良さそうだとも思うけれど)。

これ以外に、ちゃんと雨等に対応出来る、撥水性カヴァのついたリュックもあるけれど、コレ以上にやはりお高い。デザインもまさにアウトドアしてるし。そういう意味では、日常使いも出来る気軽さに溢れているのはコチラなんだよなあ。

常日頃利用している通販会社のカタログで数回紹介されて、最初はスルーしていたのに俄に気になっている。多分、実家に帰省する時の荷物の多さや重さに苦心してるからだろう(ははは)。で、探したらやはり正規取扱店があって、そちらでより安く購入出来るとわかって、尚更欲しい気持が。
でも、バッグに¥6,000近いお金をかけたことがほとんど無いのでやや及び腰でもある(しーん)。いつも低価格のものばっかり買ってるからなー(遠い目。でも、その割に長持ちはしてるしさせてるもん! ←誰に言い訳してるんだ)。

もう少し悩んでみる。……背負えるタイプは欲しいんだよなー。うーんうーんうーん。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。